ワークデスク上置きハイシェルフ(Z-LUSRH-1000WHK)の組み立て

上置きハイシェルフ
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

手順1

まず、棚板(C)背板(D)にあらかじめ取り付けてあるボルト(F)をすべて外します。

上置きハイシェルフの組み立て

手順2

外したボルト(F)は全部は12本です。無くさないように保管してください。

上置きハイシェルフの組み立て

手順3

ポール(E)の両端に取り付けてあるボルト(G)も外します。

上置きハイシェルフの組み立て

手順4

次に、棚板(C)の下穴にジョイントシャフト(A)を取り付けます。

上置きハイシェルフの組み立て
はじめは手で回しながら、これ以上回らないというところまで締め付けてください。
上置きハイシェルフの組み立て
その後、プラスドライバーで真上から押さえつけながらゆっくり締め付けていきます。
上置きハイシェルフの組み立て
黒い樹脂部分が表面にぴったり付くまで入れてください。
上置きハイシェルフの組み立て
【重要】ジョイントシャフトの黒い樹脂部分と板の間に隙間が見える場合は、まだきちんと締め付けができていません。揺れやガタつきの原因となりますので、必ずこの上の写真の状態まできっちり締め付けてください。
上置きハイシェルフの組み立て

手順5

棚板にジョイントシャフトの取り付けができたら、そこに背板(D)を取り付けていきます。背板(D)はカムロックのついている面が背になるように、棚板のジョイントシャフトと位置を合わせてはめ込みます。もう1段の棚も同様に組んでください。

上置きハイシェルフの組み立て
【重要】はめ込むときには、カムロックの三角矢印が写真のように下方向を指していることをご確認ください。
上置きハイシェルフの組み立て
 【重要】カムロックの矢印が別の方向を指していると、ジョイントシャフトが奥まで入らず連結できません。  
上置きハイシェルフの組み立て
ジョイントシャフトが隙間なく差し込まれていることをご確認ください。 1〜2mm浮いた状態でしたら、ジョイントシャフトの真上辺りを軽く叩くとぴったり入ります。ぴったりはめ込んだら、プラスドライバーを使ってジョイントシャフト挿入部のカムロックを締め付けます。
上置きハイシェルフの組み立て
 【重要】カムロックは90°〜180°の範囲で締め付けが効くようになっており、それ以上は回せません。カムロックの矢印が真上を向いた時点で回すのを止めてください。それ以上無理に回すとカムロックが破損します。  
上置きハイシェルフの組み立て

手順-6

両サイドのフレーム(B)に、組み立てた棚板を取り付けていきます。背面を下にした状態で並べ、2つの棚板をお好みの位置にセットして、手順①で外したボルト(F)を使って固定します。

上置きハイシェルフの組み立て
ボルト(F)を取り付ける際には、棚板・背板側にある組立ナットの十字の長い方がボルトと平行になるよう、プラスドライバーで向きを合わせてください。
上置きハイシェルフの組み立て

手順-7

組立ナットの向きを確認したら、フレーム(B)から棚板までボルト(F)を差し込み、すべてのボルトをゆるく仮締めします。最初からきつく締めすぎてしまうと最後まで組み立てられない場合がありますのでご注意ください。

上置きハイシェルフの組み立て

手順-8

下段の棚板の下にポール(E)を取り付けます。手順③で外したボルト(G)をフレームの外側からポールの穴まで差し込み、プラスドライバーで回して固定してください。

上置きハイシェルフの組み立て

手順-9

全ての部材が組み上がったら、すべてのボルトをプラスドライバーでしっかりと締め付けていきます。

上置きハイシェルフの組み立て
ガタつきのないよう、十分に締め付けてください。
上置きハイシェルフの組み立て

手順-10

以上で完成です!
デスクへの取り付けはクランプ式です。クランプを天板の奥まで差し込み、ハンドルを回して固定してください。設置の際は、必ず壁面を背にした状態でご使用ください。

上置きハイシェルフの組み立て

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]