研修用デスク(RFJD-6045W)の組み立て

研修用デスク
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

手順1

はじめに、幕板(C)の両側に取り付け済のJねじ大(F)4個を外します。このとき、同じく幕板に取り付け済みの組立ナット(E)が外れやすくなりますので無くさないようにご注意ください。つづいて、横フレーム(B)に取り付け済のJねじ小(G)2個も外します。外した部品は種類別に分けておいてください。

研修用デスクの組み立て

手順2

2本の脚部フレーム(A)の間に、幕板(C)と横フレーム(B)を取り付け、連結していきます。

研修用デスクの組み立て

手順3

まず、片方の脚部フレーム(A)に、手順①で外したJねじ大(F)で幕板(C)を取り付けます。このとき、幕板に取り付け済の組立ナット(E)の十字の長い方が差し込み口を向いていないと、Jねじ大(F)が差し込めません。プラスドライバーを使って、ナットのねじ穴とJねじ大の位置が合致するように調節してください。

研修用デスクの組み立て
調節できたら、脚部フレーム(A)の外側から幕板まで、Jねじ大(F)を手でこれ以上入らない所まで回し入れ、2本とも入れたら、プラスドライバーを使って締め付けます。これで片方の脚部フレームと幕板が連結できました。
研修用デスクの組み立て

手順4

同じ脚部フレームに今度は横フレーム(B)を取り付けます。手順①で外したJねじ小(G)を手で回し入れ ・・・

研修用デスクの組み立て
これ以上手で回らないくらいまでになったら、今度はプラスドライバーで締め付けます。このとき、横フレーム(B)が回らないよう、もう一方の手で押さえながらゆっくり締め付けてください。
研修用デスクの組み立て

手順5

これで片方の脚部フレームに、幕板、横フレームが取り付けできました。ここに、もう片方の脚部フレームを取り付けていきます。

研修用デスクの組み立て

手順6

手順③と同様に、幕板と脚部フレームを連結します。

研修用デスクの組み立て

手順7

手順④と同様に、横フレームも取り付けてください。ここまで組み上がったら、すべてのねじをプラスドライバーで再度しっかりと締め直してください。ねじにゆるみがないか、また、全体に歪みが出ていないかどうかをお確かめください。歪みが生じる場合は、一度すべてのねじをゆるめてから少しずつ締め直すとうまく組み上がります。

研修用デスクの組み立て

手順8

次に、組み上げた脚部に天板(D)を取り付けていきます。表を下にした天板(D)の上に、先ほど組み立てた脚部を置いてください。このとき天板の下穴の位置を確認し、端から穴までの間隔が広い方に幕板がくるように置いてください。

研修用デスクの組み立て

手順9

4本のJねじ小(G)で天板(D)に脚部を固定します。最初は手でこれ以上回らないところまで回し入れ・・

研修用デスクの組み立て
4本とも入ったら、プラスドライバーを使ってすべてのボルトをしっかりと締め付け、固定してください。
研修用デスクの組み立て

手順10

次に、天板下に棚(H)を取り付けます。天板の下穴の位置に合わせ、トラスねじ(I)で取り付けてください。

研修用デスクの組み立て
トラスねじ(I)を4箇所に手で回し入れたあと、それぞれプラスドライバーで締め付けてください。
研修用デスクの組み立て

手順11

次に、左右どちらかにサイドのフック(J)を取り付けます。脚部フレームの手前に空いた細長い穴に、フック(J)の両端を指で押さえつけながら片側づつ差し込んでください。

研修用デスクの組み立て

手順12

これで組み上がりました!2人以上で慎重にデスクを起こしてください。

研修用デスクの組み立て

手順13

ご使用になる前に、脚部底の4つのアジャスターを調整し、天板と床が水平になるように設置してください。

研修用デスクの組み立て

完成

以上で組み立て完了です!

研修用デスク

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]