ノルム木製収納ワゴンロー傾斜棚付

デスク上での書類やファイルの管理・収納に役立つ机上カルテシェルフの組み立て方ページです。

  • 組み立ては2人以上で行ってください。
  • 組み立て時間は約10分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFDTCS-60WH RFDTCS-40WH

組み立て手順

机上カルテシェルフの組み立ては、ジョイントシャフトとカムロックによる板の締結が主な作業です。これらのパーツの仕組みについてはコチラのページでも解説していますのでご参照ください。

準備

組み立ての際には、梱包材を広げて敷くなどし、家具や床に傷が付かないようご注意ください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順1

はじめに、左側板(A)、右側板(B)と背板(C)2枚にジョイントシャフト(E)を取り付けていきます。
ジョイントシャフト取り付け箇所には、あらかじめナットが埋め込まれていますので、はじめは手で回し入れ、その後プラスドライバーで締め付けてしっかり固定してください。

ジョイントシャフトとカムロックの仕組み

机上カルテシェルフの組み立て

手順2_1

ジョイントシャフト(E)の取り付けができたら、背板(C)と棚板(D)を直角に連結します。各2枚ありますので上段用と下段用で2セット、同じ手順で組み付けてください。

棚板(D)裏面のカムロックの十字の先端がジョイントシャフト挿入口(この場合「下」)を指し示すようプラスドライバーで調整しておいてから、床に置いた背板(C)のジョイントシャフトにはめ込みます。

机上カルテシェルフの組み立て

手順2_2

2枚の板が隙間なく直角に合わさったところで、棚板(D)側のカムロックを締結します。プラスドライバーを使って、カムロックの十字を90度から180度の範囲で回すと締め付けられます。

同様にして、もう1組連結してください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順3_1

次に、手順2で組み付けた2組の背板(C)・棚板(D)を左側板(A)と連結します。

まず、1組の背板(C)・棚板(D)側のカムロックの向きをジョイントシャフト挿入口(この場合「下」向き)に合わせ、左側板(A)の上段にあたる部分の4つのジョイントシャフトにはめ込んでください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順3_2

隙間なくはめ込めたら、連結部のカムロックをプラスドライバーを使って90度から180度の範囲で回し、締結してください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順4_1

同様にして、もう1組の背板 (C)・棚板(D)も左側板(A)と連結します。

机上カルテシェルフの組み立て

手順4_2

隙間なくはめ込めたら、連結部のカムロックをプラスドライバーを使って90度から180度の範囲で回し、締結してください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順5_1

今後は、これまで組み付けた本体に、右側板(B)を取り付けます。

背板(C)・棚板(D)の連結部のカムロック矢印をジョイントシャフト挿入口に合わせておき(この場合「上」向き)、右側板(B)のジョイントシャフトを上からはめ込みます。

机上カルテシェルフの組み立て

手順5_2

隙間なくぴったりはめ込めたら、プラスドライバーを使って連結部のすべてのカムロックを90度から180度の範囲で回し、締め付けてください。

机上カルテシェルフの組み立て

手順6_1

すべてのカムロックが正しく締結できたことを確認したら、本体を起こします。

机上カルテシェルフの組み立て

手順6_2

背板(C)のすべてのカムロックに、カムロックキャップ(F)を取り付けてください。

机上カルテシェルフの組み立て

完成

以上で組み立て完了です。
傾斜のない平らな場所に設置してご利用ください。

机上カルテシェルフの組み立て

お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ