ビビッドなブルーを基調にした待合スペース

三重県伊勢市上地町の整形外科クリニック、なかにし整形外科様より、待合スペースのインテリアデザイン、家具販売をご依頼いただきました。

クライアント情報
クライアント名 なかにし整形外科 様
業種 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科
プロジェクト概要
ご要望 待合スペースのインテリアデザイン
提供サービス 空間レイアウト、家具販売
請負箇所 待合スペース

ポイント

待合ロビーパース

ブランドカラーのブルーを基調にした待合スペースをご提案。背付き・背無しの2タイプのソファベンチとヒップバーをセレクトし、レイアウトしています。

待合空間

医療系に多い淡いトーンではなく発色の良いビビッドなブルーの家具で待ち時間を感じさせない、劇場ロビーのような高揚感のある空間を目指しました。

待合ベンチ

メインの待合家具はProceedのソファベンチCLAVYの2人掛けと3人掛け。2サイズを組み合わせることで配置や席数の調整がしやすくなります。

待合ロビーパース

足に怪我をされた方、ご高齢の方も多い整形外科、窓際スペースにはヒップバーを設置。立ち座りが困難な患者様にも利用しやすいハイタイプのベンチです。

待合用ヒップバー

ヒップバーはProceedのFRANCOハイタイプをオリジナルカラーで。床に固定しています。

なかにし整形外科様

全面ガラス張りで明るく開放感のある待合スペース。クリニック正面には35台の駐車スペースを完備しています。

施設カテゴリ別納入事例

オフィス納入事例
教育施設納入事例
医療系施設納入事例
宿泊施設納入事例

アール・エフ・ヤマカワのサービスについて

オフィスプランニング・レイアウトについて詳しく見る
OEM/ODMについて詳しく見る
大量注文について詳しく見る
オリジナルデザイン・製造・販売についてのご案内
アールエフヤマカワへのご相談・お見積りのご依頼はこちらから