アール・エフ・ヤマカワのデスクやカウンター、シェルフ等の木製家具製品は、主に「メラミン樹脂化粧板」を使用しています。比較的キズのつきにくい硬い素材ですが、それでも引っ掻きキズがついてしまったり、凹みができてしまった場合の簡単な補修の仕方をご紹介します。

キズ、凹みの補修について

表面のキズを隠す

このような表面的な引っ掻きキズ。目立つ部分にあって、どうしても気になるという方は以下の方法をお試しください。
表面のキズを隠す方法

ペンタイプの補修材の活用

今回はホームセンターなどで市販されているペンタイプの補修材を利用します。ご使用にあたっては、付属する取扱説明書も必ずご確認ください。ウッド色にもいろいろありますが、実際に補修する部分に近い色と、それより少し薄い色を2色ほど選びます。
表面のキズを隠す方法
使い方

まず先に薄い方の色のペンでキズの部分を塗ります。色が薄過ぎるという場合は、重ね塗りをしたり、濃い方のペンもお試しください。このとき、周囲にはみ出すとその部分が濃くなり、かえって目立つことになりますので、できるだけキズの部分からはみ出さないようにペン先をうまく使ってください。

表面のキズを隠す方法
このような感じです。周囲の色と馴染んで、キズが目立たなくなりました。
表面のキズを隠す方法
ただし、キズが完全になくなるという訳ではありません。光の加減によっては右の写真のように見えることもあります。
表面のキズを隠す方法

深いキズや凹みを埋める

このように表面に深めの穴が開いてしまったという場合の補修方法です。
深いキズや凹みを埋める方法

色付きパテの活用

今回は、ホームセンターなどで市販されている、溶かして使うタイプの「色付きパテ」を主に使用します。“キズ直し棒”、“かくれん棒”、“キズ職人”など、いろいろ販売されています。
深いキズや凹みを埋める方法
準備するもの
  • 金属製ヘラ
  • 金属製スプーン
  • ミニバーナー(もしくはライター)
深いキズや凹みを埋める方法
手順1

まずは色合わせ。色つきパテの中から、補修する家具によく似た色を選んでください。数色を混ぜ合わせて色を作ることもできますので、色調整用として「白」「赤系」「黒」なども用意しておくとよいと思います。今回は3色を混ぜ合わせます。

深いキズや凹みを埋める方法
手順2

バーナーで主となる色のパテをスプーンの上に溶かします。(火傷にご注意ください!)

深いキズや凹みを埋める方法
手順3

白や、赤茶も加え、混ぜ合わせて補修する部分に近い色を作っていきます。

深いキズや凹みを埋める方法
手順4

バーナーで直接温めてパテを溶かしながら、ヘラの先でよく混ぜ合わせます。

深いキズや凹みを埋める方法
手順5

色を確かめ、よければ埋め込んでいきます。パテは冷えるとすぐに固くなってしまいますので、温めたら冷めないうちに穴に流し込むような感じで、手早く作業しましょう。

深いキズや凹みを埋める方法
手順6

ヘラの方も温めながら行ってください。

深いキズや凹みを埋める方法
手順7

流し込みます。

深いキズや凹みを埋める方法
手順8

温めたヘラで表面を押さえつけるようにならし、余分なパテはそぎ落とします。

深いキズや凹みを埋める方法
手順9

周囲にうっすらと残ったパテは、アルコールやシンナーをしみ込ませた布をつかって取り除きます。(アルコール、シンナーについて:メラミン樹脂化粧材表面での使用は問題ありませんが、家具のエッジに使用している樹脂を侵す場合がありますので、使用しないでください)

深いキズや凹みを埋める方法
手順10

穴の部分はすっかり埋まりました。あとはペンタイプの補修材などを利用して木目を描いたり、パテの色がいまいち合わなかったと言う場合は、表面を塗るなどして色味を近づけてください。

深いキズや凹みを埋める方法

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]