機能的で生産性の高いワークプレイスを構築するデスクシステムのシリーズ一覧ページです。

アール・エフ・ヤマカワのデスクシステムは、プレーンな平机や片袖机をベースに、デスクワゴン(キャビネット)・机上台・上置き棚といった収納や、脇机・サイドテーブル等の組み合わせが可能な拡張性のあるオフィスデスク。スペースや働き方、ご予算に合わせてカスタマイズでき、機能的なワークスペースを構築できます。


シリーズ一覧 デスクのサイズ展開について 選び方のヒント

デスクのシリーズ一覧

リスムシリーズデスク

インダストリアルなデザインのリスムシリーズデスク。コンセントや配線受け、フックも装備し機能性抜群。フリーアドレスにも固定席にもご利用いただけます。
アソートシリーズ

天板と脚部の組み合わせを選べるアソートシリーズ。安定感のあるスチール脚デスクは配線にも対応。収納オプションを組み合わせればより機能的に。
ユピタシリーズデスク

空間を軽やかに魅せるユピタシリーズの木製デスク。引出付きや収納オプション、天板面積を拡張できる脇机、サイドテーブルも完備。
ノルムシリーズデスク

安心感のある定番デザインのノルムシリーズデスク。引出付きあり、収納オプションで機能拡張にも対応。ノルムカウンターとコーディネートできます。
ワーキングデスク

機能的な執務空間を構築できるワーキングデスクシリーズ。平机のほか片袖机も完備。オプションの上置き棚で机上空間を有効活用できます。
STシリーズ

軽快なデザインのSTシリーズは配線切り欠きを備えた4本脚デスク。インナーテーブルもあり、組み合わせレイアウトで機能的なワークスペースをつくります。
Jシリーズデスク

カウンターやシェルフとのトータルコーディネートが可能なJシリーズの木製デスク。配線対応、天板奥行き700mmでモニター設置に最適です。
EXシリーズ

重厚感のあるデザインのエグゼクティブ向けEXシリーズデスク。脇机とキャビネットで収納と天板を拡張できます。
スタンドシリーズ

収納棚やフックを備えたスタンドシリーズのハイデスク。配線対応で壁付けや対面設置も可能です。健康促進のスタンディングエリアに最適。
リスムシリーズハイデスク

リスムシリーズのハイデスク。スタンディングはもちろんハイチェアやハイスツールでの利用にも最適。机上にコンセント、天板下にはフックがあります。
ビーンズシリーズ

空間が和む豆型天板のビーンズシリーズ。自由な雰囲気をつくりやすくカジュアルなレイアウトに最適。ハイとローがあります。
ワークデスクシリーズ

ワークデスクシリーズは在庫限りの取り扱いです。

\家具選びからレイアウトまでお手伝いいたします!/

デスクシステムについてのご相談・お問合せ

デスクのサイズ展開について

アール・エフ・ヤマカワで販売しているデスク(平机・片袖机)のサイズ展開は、基本的には以下のようになっています。4本脚デスクは、さらにバリエーションがあるため、それぞれのシリーズページをご参照ください。

デスクの幅

デスク幅比較イメージ

RFY製デスクの天板幅は、W800W1000W1200W1400mmの4種類が主流となっています。
デスクシステムのシリーズによっては、脇机やサイドテーブルといったオプションで天板面積の拡張が可能です。島型や並列レイアウトなら2台のデスク間に置くなどして全体の幅を調整しやすいので、あらかじめシリーズのラインナップを考慮してお選びいただくことを推奨しております。
天板下の有効寸法は脚部の付き方によっても異なりますので、デスクワゴンやアーム付きデスクチェアを併用する場合はそれらが確実に収まるかどうか、下肢空間寸法もご確認ください。

デスクの奥行

デスク奥行き比較イメージ

RFY製デスクの天板奥行きは、D600mm、D700mmの2種類と、新たにリスムシリーズのD450mmが加わりました。
ノートPCでの使用や省スペースが重視ならD600mmやD450mm、書類の多いデスクワークやモニター使用ならD700mmなど、作業内容やレイアウトに合わせてお選びいただけます。

選び方のヒント

オフィスレイアウトのデスク選びでは、まず、部屋の広さと必要台数、通路幅や導線を考慮しながらレイアウトを設計し、効率よく配置できるサイズを算出してその範囲で選びます。固定席として利用する場合には、利用者それぞれが業務に適した環境を整えやすいよう、作業内容や使用機材をあらかじめ把握し、十分なサイズや拡張性のあるデスクを選ぶことで、目の疲れや肩こり等身体への負荷といった生産性に影響するマイナス要因を減らすことに繋がります。
フリーアドレスでレイアウトをご検討の場合は、「フリーアドレス」もご覧ください。

机上の作業域

机上の作業域

デスクワークにおいて、PC入力や書き物といった繰り返しの動作は、肘を基点に約300mmの範囲(通常作業域)で行なわれ、電話や資料、飲み物など時々手に取るものは、着席状態で腰を浮かさずに手が届く約500mmの範囲(最大作業域)に置かれます。モニターは通常最大作業域の外に設置するため、モニター使用の場合には奥行きが600mmあるデスクを選ぶ必要があります(詳細は次項参照)。デスクの幅は、動作域と隣との距離を考慮し、1人分で幅700-750mmを確保するのが理想的です。

画面までの適正距離

モニターまでの適正距離

オフィスでは、23インチまたは24インチ程のモニターの使用が一般的です。目から画面までの距離が近過ぎたり遠過ぎたりすると、眼精疲労や首・肩の凝り、頭痛等の原因にもなるため、利用者が画面サイズごとの適正距離を維持できるよう配慮が必要です。個人差もありますが、目の位置から画面までの適正距離は、23インチなら600mm前後、24インチなら約700mm前後、27インチ以上なら約800mm程度とされています。モニター使用の場合は、あらかじめ確認しておきましょう。


\家具選びからレイアウトまでお手伝いいたします!/

デスクシステムについてのご相談・お問合せ

抗ウイルス天板が選べるセミオーダー家具MOTOシリーズ

【抗ウイルス対応】
抗ウイルス天板が選べるセミオーダー形式の家具シリーズ。詳しくはコチラから。

アクリルパネル・衝立のセミオーダー特注

【セミオーダー特注対応】
飛沫感染予防に欠かせないアクリルパネルの特注製造承ります。詳しくはコチラから。

感染対策応援商品一覧

【ウイルス対策】
コロナ時代でも安心して働けるオフィスをつくる。感染対策応援商品はコチラから。

アール・エフ・ヤマカワのサービスについて

オフィスプランニング・レイアウトについて詳しく見るOEM/ODMについて詳しく見る
大量注文について詳しく見るオリジナルデザイン・製造・販売についてのご案内


無料相談はこちらから