応接センターテーブル(RFCFT-1155DA)の組み立て

応接センターテーブル
  • プラスドライバーとマイナスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約10分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

応接センターテーブルの組み立て

手順1

はじめに、脚部L(B)2本、脚部R(C)2本にそれぞれ取り付けられている組立ネジを確認し、矢印の方向を穴の位置と合わせてください。ネジの矢印の向きが合っていない場合、マイナスドライバーを使って合わせてください。

応接センターテーブルの組み立て

手順2

4本の脚部の矢印と穴の位置を合わせたら、それぞれの穴に長ボルト(E)を手で時計まわりに回し入れます。

応接センターテーブルの組み立て

手順3

脚部L(B)2本、脚部R(C)2本すべてに長ボルト(E)を取り付けてください。

応接センターテーブルの組み立て

手順4

脚部L(B)と脚部R(C)を天板(A)に取り付けます。このとき、あらかじめ脚部に取り付けられている「棚ダボ」が、天板の短い辺の方向(内側)を向くよう、それぞれの脚部の配置にご注意ください。

応接センターテーブルの組み立て

手順5

脚部L(B)と脚部R(C)を正しい位置に差し込めたら、それぞれの長ボルト(E)の先端にまずワッシャー(F)、次にスプリングワッシャー(G)を通し、最後にナット(H)をはめて付属のスパナ(I)で締め付けます。

応接センターテーブルの組み立て

手順6

その他の脚部も同様にナット(H)を締め付け、固定してください。4本の脚部がゆるみなく固定できたら、2人以上で慎重に本体を起こします。

応接センターテーブルの組み立て

手順7

次に、天板下に棚板(D)を取り付けます。脚部にあらかじめ取り付けてある棚ダボを、棚板(D)裏側の棚用カムロックにしっかりと差し込みます。

応接センターテーブルの組み立て

手順8

棚板(D)が4箇所の棚ダボにきちんと差し込めたら、裏側からプラスドライバーを使って棚用カムロックを90°〜180°の範囲で回し、締め付けてください。

応接センターテーブルの組み立て

手順9

4箇所の棚用カムロックすべてを同様に締め付け、固定してください。

応接センターテーブルの組み立て

完成

以上で組み立て完了です!

応接センターテーブルの組み立て

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]