スタディデスクⅡ(Z-SDY21-WH)

天板にラック、サイドには荷物掛け用フックのついたスタディデスクⅡの組み立て方写真解説です。

  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 所要時間は約20分です。
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

Z-SDY21-WH Z-SDY21-NA

組み立て手順

準備

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

スタディデスク2の組み立て

手順1_1

はじめに、貫パイプ大(D)に取り付け済みの十字穴付きJねじ小(I)4本をプラスドライバーを使って取り外します。

スタディデスク2の組み立て

手順1_2

同様に、プラスドライバーを使って貫パイプ小(E)に取り付け済みの十字穴付きJねじ中(H)2本を取り外してください。

スタディデスクの組み立て

【ご注意】

手順1で取り外した十字穴付きJねじ小(I)と十字穴付きJねじ中(H)は長さが異なります。
また、同梱の十字穴付きJねじ大(G)は、十字穴付きJねじ中(H)と同じ長さですが、ねじ頭の形状が異なります。
この3種類を後の組み立てで混同しないようご留意ください。

ネジの比較ネジの比較

手順2_1

次に2つの脚部(C)の間に貫パイプ大(D)、貫パイプ小(E)を組み付けていきます。

貫パイプ大(D)の取り付けには手順1_1で取り外した短い方の十字穴付きJねじ小(I)を使用し、脚部の外側からプラスドライバーで回して締め付けてください。

スタディデスクの組み立て

手順2_2

貫パイプ小(E)の取り付けは、手順1_2で取り外した長い方の十字穴付きJねじ中(H)を使用し、脚部の外側からプラスドライバーで回して締め付けてください。

スタディデスクの組み立て

手順3_1

床に裏表に置いた天板(A)の上に、手順2で組み付けた脚部(C)の前後を確認し、下穴の位置を合わせて置いてください。

スタディデスクの組み立て

手順3_2

十字穴付きJねじ大(G)4本を使用し、プラスドライバーで回してしっかりと締め付け、固定してください。

スタディデスクの組み立て

手順4_1

次に、天板(A)に棚(B)を取り付けます。下穴と位置を合わせて置いてください。

スタディデスクの組み立て

手順4_2

十字穴付きトラスねじ(J)で4箇所、プラスドライバーでしっかりとゆるみのないように締め付け、固定してください。

スタディデスクの組み立て

手順5_1

脚部(C)の左右お好みの側にフック(F)を取り付けます。

スタディデスクの組み立て

手順5_2

フックの付け根の片側を長円形の穴に差し込み、指で締め付けるようにしてもう一方の先端を差し込んでください。

スタディデスクの組み立て

手順6_1

2人以上で慎重に本体を起こします。

スタディデスクの組み立て

手順6_2

設置場所に移動させたら、脚部底に取り付け済のアジャスターを回して、天板と床が水平になるように調整してください。

スタディデスクの組み立て

完成

以上で組み立て完了です!

スタディデスクの組み立て

お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ