リフレッシュテーブルⅢ(RFRT3-600NA-BL)の組み立て

リフレッシュテーブル
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFRT3-600NA-BL RFRT3-600WH-BL RFRT3-600DM-BL RFRT3-800NA-BL RFRT3-600WH-BL RFRT3-800DM-BL

準備

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順1

はじめに、支柱(A)の両端に取り付け済みの六角穴付き皿ねじ(E)計6本を、付属の六角レンチ(G)を使って取り外します。外したねじは後で使用しますので無くさないように保管してください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順2

天板(B)裏面に受座(D)を固定している十字穴付きトラスねじ(F)4本をプラスドライバーを使って外し、受座(D)を取り外してください。外したねじは無くさないように保管してください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順3_1

受座(D)と支柱(A)を組み付けます。受座(D)には表裏がありますので3つの穴の周囲が凹んでいる面を表とし、支柱(A)は横穴の位置が上寄り(*)になるよう向きを確認した上で手順1で取り外した六角穴付き皿ねじ(E)を差し込み、六角レンチ(G)で回し入れてください。

*旧仕様の商品には支柱(A)の横穴がないため上下の指定なく組み立て可能です。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順3_2

六角穴付き皿ねじ(E)の頭が受座(D)の凹みにすっかり隠れるまで、3本とも六角レンチ(G)でしっかりと締め付け固定してください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順4_1

次に、受座(D)を組み付けた支柱(A)を逆さにし、反対側にベース(C)を組み付けます。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順4_2

先程と同様、手順1で取り外しておいた六角穴付き皿ねじ(E)をベース(C)裏面の3つの穴に差し込み、六角レンチ(G)で締め付けます。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順4_3

六角穴付き皿ねじ(E)の頭がベース(C)裏の凹みにすっかり隠れるまで、3本とも六角レンチ(G)でしっかりと締め付け固定してください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順5_1

最後に、これまで組み付けた脚部を天板(B)に取り付けます。天板(B)の表が下になるよう床に置き、天板裏の下穴と受座(D)の穴の位置を合わせてください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順5_2

手順2で取り外しておいた十字穴付きトラスねじ(F)を四隅の穴に差し込み、プラスドライバーでしっかりと締め付け固定してください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

手順5_3

すべてのねじがしっかりと固定できていることを確認できたら、支柱(A)部分を持って2人以上で慎重に起こしてください。

リフレッシュテーブル3の組み立て

完成

以上で組み立て完了です。

リフレッシュテーブル3の組み立て
家具の組み立て方トップへカラーチップ請求 よくあるお問合せ家具のお手入れ

お客様相談室へのお問い合わせ

お客様相談室へのお問い合わせ

RFYのサービスについて

オフィスプランニング大量注文について