シンプルスクリーンフロストキャスター仕様
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 組み立て時間は約25分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

「シンプルスクリーン」シリーズのキャスター仕様が該当します。発売時期の違いにより、付属の組立説明書にある部材の記号が異なる場合がありますが、手順は同じです。

組み立て手順

準備

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

フロストスクリーンの組み立て
4つのキャスターは別梱包です。スパナが付属しています。
本体の組み立てが完了した後でアジャスターとの付け替えを行います。
シンプルスクリーンキャスター

手順1_1

はじめに、板面(A)に取り付け済みの六角穴付きJねじ(E)2本を、付属の六角レンチ(C)を使って取り外します。

フロストスクリーンの組み立て

手順1_2

次に、2つの脚部(B)に取り付けてある六角穴付きJボルト・Jナット(D)を取り外してください。六角レンチ(C)2本を使用し、一方でナットを押さえ、もう一方でボルトを回し、取り外します。外すのは全部で4セットです。

フロストスクリーンの組み立て

手順2_1

次に、板面(A)に2つの脚部(B)を取り付けます。板面(A)を浮かせた状態でまず左右どちらかに脚部(B)を差し込んでください。

フロストスクリーンの組み立て

手順2_2

手順1で板面(A)から取り外しておいた六角穴付きJねじ(E)を脚部(B)の底から差し込み、六角レンチ(C)で、まずはゆるく仮締めしてください。同様にして、もう1つの脚部(B)も取り付けます。

フロストスクリーンの組み立て

手順3_1

2つの脚部(B)が仮締めできたら、今度は、板面(A)を挟み込んだ状態の脚部(B)の2つの穴に、手順1で外しておいた六角穴付きJボルト・Jナット(D)を取り付けます。2本の六角レンチ(C)を使って両側から締め付け固定します。全4箇所、しっかりと締め付けてください。

フロストスクリーンの組み立て

手順3_2

すべての六角穴付きJボルト・Jナット(D)が締め付けられたら、先ほど仮締めしてあった脚部(B)の底の六角穴付きJねじ(E)を六角レンチ(C)で増し締めします。左右ともにしっかりと締め付けてください。

フロストスクリーンの組み立て

手順3_3

アジャスターでご使用になる場合には、これで組み立て完了です。
続いてキャスターに付け替える手順を解説します。

フロストスクリーンの組み立て

キャスターの取り付け手順1

キャスターの取り付けは、本体を倒した状態で行います。

シンプルスクリーンのキャスターの取り付け

キャスターの取り付け手順2

左右の脚部(B)の底に付いているアジャスターを手で反時計周りに回し、4つともすべて取り外してください。

シンプルスクリーンのキャスターの取り付け

キャスターの取り付け手順3

アジャスターを外した部分にキャスター(F)を取り付けます。先端を差し込み、ナット部分を付属のスパナ(G)で時計周りに回して締め付けてください。

シンプルスクリーンのキャスターの取り付け

キャスターの取り付け手順4

4つのキャスター(F)を取り付けできたら、2人以上で慎重に本体を起こします。

シンプルスクリーンのキャスターの取り付け

キャスターのロック

4つのキャスター(F)にはそれぞれストッパーがついており、ストッパーを下げるとロックがかかります。設置場所では必ずすべてのキャスターをロックした状態でご使用ください。

キャスターのロック

キャスターのロック解除

ストッパーを上げるとロックが解除されます。移動時にはすべてのキャスターのロックを解除してください。なお、本体を動かす際は、板面に対して平行に移動させてください。

キャスターのロック解除

完成

以上で完成です。

シンプルスクリーンのキャスターの取り付け
家具の組み立て方ページへ家具のお手入れよくあるお問合せFAQ家具の補修素材とインテリア用語のまめ知識カラーチップ請求
お客様相談室へのお問い合わせ

RFYのサービスについて

オフィスプランニング大量注文について