RFJD2-8613
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFJD2-8613

組み立て手順

学習塾の個別学習や自習室に適した研修デスクパーテーションⅡの組み立て工程です。サイドのパネルの位置は脚部の取り付け位置次第で左右どちら側でもご使用いただけます。

準備

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順1

はじめに、パネル小(B)の3箇所の下穴にジョイントシャフト(D)を取り付けます。下穴にはナットが埋め込まれていますので、まずは手で回し入れ、その後プラスドライバーで締め付けてください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順2_1

次に、ジョイントシャフトを取り付けたパネル小(B)とパネル大(A)をL字型に連結します。

パネル大(A)側の3箇所の横穴には、あらかじめカムロックが埋め込まれています。3つのカムロックの矢印がすべてジョイントシャフト差込口を向くよう(この場合「下向き」)プラスドライバーで調整しておき、床に置いたパネル小(B)の3箇所のジョイントシャフト(D)に上からはめ込んでください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順2_2

その後、1人が垂直のパネル大(A)を倒れないように支えた状態で、もう1人が3箇所のカムロックをプラスドライバーで回して締め付けます。90度から180度の範囲で回して締め付けてください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順3

脚部(C)の本体とアジャスターを組み付けます。写真のように手で回してそれぞれ取り付けてください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順4

脚部(C)本体に取り付けてある2本の十字穴付きトラスねじ(F)を、プラスドライバーを使って一旦取り外してください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順5_1

次に、L字に組み付けたパネル大(A)とパネル小(B)の下側に、3本の脚部(C)を取り付けていきます。パネル小(B)を左右どちら側につけるかで天地を決めてください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順5_2

脚部(C)はパネル大(A)側に2本、パネル小(B)に1本を、パネルの端から5~15cmの位置に取り付けます。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順5_3

取り付け位置を決めたら脚部(C)の先端をパネルに挟み込み、十字穴付きトラスねじ(F)を締め付ける前にプレート(E)を咬ませます。プレート(E)はフェルトが貼ってある面がパネルに接するように挟んでください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順5_4

手順4で取り外しておいた2つの十字穴付きトラスねじ(F)を使い、プラスドライバーで回して締め付け固定します。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順5_5

同様に、他の2本の脚部(C)も取り付けてください。それぞれにプレート(E)を咬ませることをお忘れなく。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順6_1

3本の脚部(C)がしっかり取り付けできたら、2人以上でパネルを持ち上げ慎重に起こしてください。

*このとき、脚を支点にして起こさないでください。破損の原因になります。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

手順6_2

設置場所へ移動させたらパネルの上部が床と水平になるように脚部(C)のアジャスターを手で回して高さを調整してください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

完成

以上で組み立て完了です。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

ご注意

このパーテーションは単体では使用できません。
別売りの研修用デスクと合わせてご利用ください。

研修用デスクパーテーションⅡの組み立て

お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ