OAラウンドテーブル(RFRDT-OA1200WL)の組み立て

OAラウンドテーブル
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てを行う場所には、パッケージの段ボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷がつかないようご注意ください。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順1

天板(C)を下穴の開いている面を上にして床に置き、その中央に天板用フレーム(A)を置きます。

OAラウンドテーブルの組み立て
穴の位置が合わない場合は、天板用フレーム(A)を矢印の方向に回転させます。
OAラウンドテーブルの組み立て
写真のように穴の位置が合っていない場合、矢印の方向に回しますと、
OAラウンドテーブルの組み立て
天板(C)の下穴とフレーム(A)の穴の位置がすべて合うようになります。
OAラウンドテーブルの組み立て

手順2

次にプラスドライバーを使い、付属のトラスねじ(E)で天板(C)と天板用フレーム(A)を8箇所、固定してください。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順3

次に、天板に取り付けた天板用フレーム(A)の四隅に4本の脚部(D)を固定していきます。固定には、付属の鍋ボルト(F)、スプリングワッシャー(G)、ワッシャー(H)の3種を使用します。

OAラウンドテーブルの組み立て
鍋ボルト(F)に、まずスプリングワッシャー(G)、次にワッシャー(H)を通します。必ずこの順番で通していることを確認してください。
OAラウンドテーブルの組み立て

手順4

2種のワッシャーを通した鍋ボルトを、天板用フレーム(A)の内側から脚部の穴まで差し込み、付属の六角レンチで回して固定しますが、この時点ではそれぞれをゆるく締めていきます。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順5

4本の脚部すべてを取り付けられたら、その内側に脚部用フレーム(B)を取り付けます。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順6

4本の脚部(D)の内側にある穴と脚部用フレーム(B)の四隅の穴の位置を合わせ、それぞれにワッシャー2種を通した鍋ボルトを差し込みます。手順4と同様に、付属の六角レンチを使ってボルトを4箇所、今回もまずはゆるく締めてください。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順7

脚部(B)に脚部用フレーム(B)の取り付けができたら、最終的にすべてのボルトをきつく固定していきます。計8箇所のすべての鍋ボルトを六角レンチでしっかりと締め付けてください。

OAラウンドテーブルの組み立て

手順8

すべての鍋ボルトをしっかりと増し締めできたら、2人以上で慎重にテーブルを起こしてください。床との間に隙間ができないよう脚部の裏側のアジャスターを調節して、揺れやガタつきのないよう設置してください。完成です!

OAラウンドテーブルの組み立て

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]