ノルム 木製デスクⅡ W1200xD600 ナチュラル Z-RFPLD-1260NA2
ノルム 木製デスクⅡ W1200xD600 ナチュラル Z-RFPLD-1260NA2

ノルム木製デスクⅡの組み立て工程を写真で解説します。

POINT

  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 所要時間は約15分です。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

組み立て手順

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順1

はじめに、左側板(A)、右側板(B)、天板(D)の3枚に、ジョイントシャフト(E)を取り付けます。

ジョイントシャフト取り付け箇所には予めナットが埋め込まれていますので、はじめは手で回し入れ、その後プラスドライバーで回して締め付けてください。

ジョイントシャフトとカムロックの仕組み
詳しく見る
ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順2_1

次に、左側板(A)と幕板(C)を連結します。

幕板(C)の横穴(連結箇所)の脇にはカムロックが埋め込まれていますので、その十字の矢印の先端がジョイントシャフト挿入口(この場合「左側板(A)側」)を指すようにプラスドライバーを使ってあらかじめ調整しておきます。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順2_2

幕板(C)の横穴のカムロックの向きを合わせたら、左側板(A)のジョイントシャフト(E)を差し込み、L字に連結します。

ぴったりと隙間なく差し込めたら、2つのカムロックをプラスドライバーで、90~180°の範囲で回して締結してください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順3_1

同様にして、反対側に右側板(B)を取り付けます。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順3_2

幕板(C)の横穴のカムロックの矢印が右側板(B)を指すように合わせておいてから、右側板(B)のジョイントシャフト(E)を差し込んでL字に連結します。

ぴったりと隙間なく差し込めたら、2つのカムロックをプラスドライバーで、90~180°の範囲で回して締結してください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順4_1

次に、ここまで組み付けた左右側板(A)(B)と幕板(C)に、天板(D)を取り付けます。

あらかじめ、左右側板(A)(B)と幕板(C)内側にあるカムロックの矢印がすべてジョイントシャフト挿入口(この場合「下」)を向くように調整しておいてから2人以上で持ち上げ、床においた天板(D)のジョイントシャフトに横穴を合わせてはめ込んでください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順4_2

隙間なくぴったりはめ込めたら、左右側板(A)(B)、幕板(C)の連結部のすべてのカムロックをプラスドライバーで90~180°の範囲で回して締結します。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順5_1

すべてのカムロックが正しく締結されていることを確認したら、カムロックの十字部分にカムロックキャップ(F)を取り付けてください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

手順5_2

組み上がったデスクを2人以上で起こし、設置場所まで移動させます。

設置場所では本体底の4つのアジャスターを回して天板(D)が水平になるように調整してください。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て

完成

以上で組み立て完了です。

ノルム木製デスク引出付きの組み立て


ノルムシリーズデスクのラインナップ

お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ