組立て家具において使用頻度の高いジョイントシャフト(カムネジ)とカムロックの正しい締結方法を写真で解説します。家具を組み立てる際は、商品付属の組立説明書をよくお読みの上、正しくおこなってください。

ジョイントシャフトとカムロックの仕組み

ジョイントシャフトとは?

ジョイントシャフト
円筒部に樹脂パーツのついたネジで先端は平らになっており、部材にあらかじめ開けてある下穴に差し込み頭部をドライバーで回して固定するようになっています。弊社商品に使用しているものにも数種類ありますが使い方は同じです。一般的に「カムネジ」とも呼ばれます。

カムロックとは?

カムロック
ジョイントシャフトと対で使用する直径1.5cmほどの円柱状のパーツであらかじめ部材に埋め込まれています。弊社で使用しているものには数種類ありますが、どのカムロックにも十字の一箇所に三角印等で向きを示す指示が入っており、この方向にジョイントシャフトを差し込めるようになっています

連結の仕組み

パネルに取り付けたジョイントシャフトを、カムロックが埋め込まれたもう1枚のパネルの穴に差し込み、カムロックの十字部分をドライバーで90°〜180°回すことで、ジョイントシャフトの頭部と噛み合って固定されます。
ジョイントシャフトとカムロックでの連結の仕組み

ジョイントシャフトとカムロックを使ったパネルの連結例

ここでは「側板」と「棚板」の連結を例にあげて説明していきます。床に置かれている方が側板、垂直の方が棚板です。
ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結

1. ジョイントシャフトの取り付け

ジョイントシャフトを側板の下穴に取り付けます。はじめは手で回し入れ、これ以上回らないというところまで締め付けてください。

ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結

2. ジョイントシャフトの締め付け

手で回し入れたあと、プラスドライバーを使用して90°ほど増し締めしてください。

ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結
ジョイントシャフトの取り付け正しい例
ジョイントシャフトの取り付け悪い例
ジョイントシャフトの取り付け悪い例

3. カムロックの確認

カムロックはあらかじめ部材に埋め込まれています。カムロックには十字の一箇所に方向を示す印がありますので、この印がジョイントシャフトの方(この場合下側)を指していることをご確認ください。それ以外の方向を指しているとジョイントシャフトが奥まで挿入できず連結ができません。ずれている場合はドライバーを使ってカムロックの向きを調整してください。

カムロックの向き

4. パネルの連結

すべてのカムロックの向きを確認したら、写真のように、ジョイントシャフトを取り付けてある部分に差し込みます。隙間なくぴったり差し込んでください。

ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結

5. カムロックの締め付け

隙間なく差し込めたら、カムロックの十字部分にプラスドライバーを差し込んでゆっくりと矢印方向に回し、90°〜180°の範囲で締め付けてください。

ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結
 【重要】カムロックは、90°〜180°(写真の矢印の範囲)で締め付けが効くようになっており、これ以上は回せません。カムロックの矢印が真上を向いた時点で回すのを止めてください。無理にそれ以上回すと破損しますのでご注意ください。 
ジョイントシャフトとカムロックでのパネル連結

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]