スチールワゴン(RFWG-STBL)の組み立て
スチールワゴン(RFWG-STBL)の組み立て

スチールワゴンの組み立て方を工程ごとに写真で解説しています。

POINT

  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 所要時間は約20分です。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

組み立て手順

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

スチールワゴン(RFWG-STBL)の組み立て

手順1

はじめに6本の横フレーム(A)とハンドル(F)の両端に取り付けてある十字穴付きJねじ(C)をすべて取り外してください。

外した十字穴付きJねじ(C)は、まとめて保管しておきます。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順2_1

2本のフレーム(B)のどちらか一方にフック(D)を取り付けます。

十字穴付きトラスねじ(E)2本を使い、プラスドライバーで締め付けて固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順2_2

つづいて、もう一方のフレーム(B)にハンドル(F)を取り付けます。

手順1で取り外しておいた十字穴付きJねじ(C)を使って、フレーム(B)の上から2つ目の下穴にハンドル(F)を取り付けてください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順3

次に、2本のフレーム(B)の下段の穴に、横フレーム(A)を組み付けます。

手順1で取り外しておいた十字穴付きJねじ(C)を使って、プラスドライバーで回して締め付け、固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順4

ここまで組み付けた本体を一旦横に倒し、今度はキャスター(G)を取り付けます。

キャスター(G)のネジ部分にスプリングワッシャー(I)とワッシャー(J)をこの順で通しておいてから、フレーム(B)底の穴に回し入れ、付属のスパナ(H)でしっかりと締め付けてください。

*キャスター(G)はレバーを下げ、ストッパーをロックした状態で組み立てを進めてください

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順5

4つのキャスター(G)が全て取り付けられたら、ストッパーがロックされていることを確認してから2人以上で本体を慎重に起こし、下段の横フレーム(A)にトレー(K)を上からはめ込むようにしてセットします。

トレー(K)をはめ込みにくい場合は、手順3で組み付けた横フレーム(A)の十字穴付きJねじを一旦ゆるめることでセットしやすくなります。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順6

つづいて、フレーム(B)中段部分に横フレーム(A)を2本、手順1で取り外しておいた十字穴付きJねじ(C)を使って、プラスドライバーで回して締め付け、固定します。

横フレーム(A)が固定できたら、その上からトレー(K)を上からはめ込み、セットしてください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順7

同様にして、フレーム(B)最上段の穴に横フレーム(A)2本を組み付けます。手順1で取り外しておいた十字穴付きJねじ(C)を、プラスドライバーでまずはゆるめに取り付けます。

その後、取り付けた横フレーム(A)の最上段にトレー(K)をセットしてください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順8

最後に、全ての十字穴付きJねじ(C)をゆるみのないようしっかり増し締めして固定してください。

*ご使用の際は、定期的にキャスターにゆるみがないかどうかを確認し、ゆるんだ状態の場合はスパナで増し締めしてからご使用ください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

完成

以上で組み立て完了です。

*移動の際はキャスターのストッパーを上げてロックを解除してください。

*ご使用の際は、定期的にキャスターにゆるみがないかどうかを確認し、ゆるんだ状態の場合はスパナで増し締めしてからご使用ください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方


お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ