ユピタ木製デスク(RFWD-1260DB)の組み立て

ユピタ木製デスク
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約30分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

ユピタ木製デスク

手順1

まず最初に、左側板(A)右側板(B)幕板(C)天板(D)配線蓋天板(G)にジョイントシャフト(I)を取り付けていきます。はじめは手で回し入れ、プラスドライバーで締め付けて固定してください。ジョイントシャフトの取り付け箇所にはナットが埋め込まれています。

ユピタ木製デスクユピタ木製デスク

手順2

次に、配線蓋背板(F)の穴に、配線蓋天板(G)に取り付けたジョイントシャフト(I)を差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順3

きちんと隙間なく差し込めたら、プラスドライバーで配線蓋背板(F)のカムロックを3箇所締め付けます。*90度から180度回すと締め付けられます

ユピタ木製デスク

手順4

同様にして、幕板(C)に取り付け済のジョイントシャフト(I)に配線受け(E)を差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順5

隙間無く差し込めたら、配線受け(E)のカムロックをプラスドライバーで締め付け、固定してください。90度から180度回すと締め付けられます。

ユピタ木製デスク

手順6

今度は、右側板(B)に取り付けたジョイントシャフト(I)に、手順⑤で組み立てた幕板(C)と配線受け(E)を差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順7

幕板(C)と配線受け(E)のカムロックをすべて、プラスドライバーで回して固定してください。90度から180度回すと締め付けられます。

ユピタ木製デスク

手順8

次に、幕板(C)と配線受け(E)の横穴に、左側板(A)に取り付けたジョイントシャフトを差し込んで下さい。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順9

幕板(C)と配線受け(E)のカムロックをすべて、プラスドライバーで回して固定します。90度から180度回すと締め付けられます

ユピタ木製デスク

手順10

次に、天板(D)に取り付けてあるジョイントシャフト(I)に、手順⑨で組み付けた本体の穴の位置を合わせ、差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順11

次に、天板(D)に取り付けてあるジョイントシャフト(I)に、手順⑨で組み付けた本体の穴の位置を合わせ、差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順12

次に、天板(D)に取り付けてあるジョイントシャフト(I)に、手順⑨で組み付けた本体の穴の位置を合わせ、差し込みます。*カムロックの矢印がジョイントシャフト差し込み口の方向を差していることをご確認ください

ユピタ木製デスク

手順13

ここまで組み立てができたら、2人以上で慎重に本体を起こしてください。起こしたら、天板奥の木ダボ部分に、手順①で組み付けた配線蓋の穴の位置を合わせて差し込みます。*配線蓋は、切り欠きの位置を前後(天板側、背面側)どちらでもご使用いただけます

ユピタ木製デスク

手順14

設置場所の床に合わせて底のレベルアジャスターを調節し、天板が水平になるように設置してください。

ユピタ木製デスク

完成

以上で組み立て完了です!

ユピタ木製デスク

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]