スチール脚デスク(RFSLD-1260NA-WL)の組み立て

スチール脚デスク
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約30分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

スチール脚デスクの組み立て

手順1

天板(A)、左脚部(B)、右脚部(E)にジョイントシャフト(H)を取り付けます。ナットが埋め込まれている部分に、はじめは手で回し入れ、その後プラスドライバーを使って締め付けてください。

スチール脚デスクの組み立て

手順2

2本の脚部・下(G)にアジャスター(C)を取り付けます。手で回し入れる際に、硬くて入れにくい場合がありますが、はじめは少し力を入れ回し入れてください。先端部分がうまく入りますとその後はスムーズに回すことができます。

スチール脚デスクの組み立て

手順3

左脚部(D)に脚部・上(F)を付属の十字穴付きトラスねじ(I)で組み付けます。プラスドライバーを使って締め付けてください。*組み立て説明書を参考に、左脚部(D)の表裏上下を確認し、取り付け向きをお間違いのないようご注意ください

スチール脚デスクの組み立て

手順4

手順③で組み付けた左脚部(D)を逆さにし、手順②でアジャスターを取り付けた脚部・下(G)を付属の十字穴付きトラスねじ(I)で組み付けます。プラスドライバーを使って締め付けてください。

スチール脚デスクの組み立て

手順5

手順③④と同様にして、右脚部(E)にも脚部・上(F)と脚部・下(G)を付属の十字穴付きトラスねじ(I)で組み付けてください。

スチール脚デスクの組み立て

手順6

次に、天板(A)を床に置いた状態で取り付け済みのジョイントシャフト(H)と幕板(B)の木口の穴の位置を合わせ、はめ込んでください。*このとき、幕板(B)側のカムロックの矢印が、ジョイントシャフト差し込み口を向いていることをご確認ください。

スチール脚デスクの組み立て

手順7

きちんと差し込めたら、幕板(B)のカムロックをプラスドライバーで回し、固定します。*90度から180度回すと締め付けられます

スチール脚デスクの組み立て

手順8

次に、手順⑤で組み付けた右脚部(E)のジョイントシャフト(H)を、手順⑦で組み付けた幕板(B)の側面の穴に差し込みます。*このとき幕板(B)側のカムロックの矢印が、ジョイントシャフト差し込み口を向いていることをご確認ください。

スチール脚デスクの組み立て

手順9

きちんと隙間なく差し込めたら、幕板(B)のカムロックをプラスドライバーで回し、固定します。*90度から180度回すと締め付けられます

スチール脚デスクの組み立て

手順10

天板(A)と右脚部(E)を六角穴付き皿ネジ(J)で固定します。付属の六角レンチ(K)を使って回し締めてください。ネジを無理にきつく締め付け過ぎると天板が破損する場合がありますのでご注意ください。

スチール脚デスクの組み立て

手順11

同様にして、手順④で組み付けた左脚部(D)のジョイントシャフト(H)を幕板(B)の側面の穴に差し込みます。このとき幕板(B)側のカムロックの矢印が、ジョイントシャフト差し込み口を向いていることをご確認ください。

スチール脚デスクの組み立て

手順12

きちんと隙間なく差し込めたら、幕板(B)のカムロックをプラスドライバーで回し、固定します。*90度から180度回すと締め付けられます

スチール脚デスクの組み立て

手順13

すべてのネジ、カムロックがしっかりと締まっていることを確認できたら、2人以上で慎重にデスクを起こしてください。デスクは傾斜のない場所に設置し、天板と床が水平になるように底のアジャスターを調整してください。床に設置していないアジャスターは回して下げ、がたつきのないように設置してください。

スチール脚デスクの組み立て

手順14

すべてのネジ、カムロックがしっかりと締まっていることを確認できたら、2人以上で慎重にデスクを起こしてください。デスクは傾斜のない場所に設置し、天板と床が水平になるように底のアジャスターを調整してください。床に設置していないアジャスターは回して下げ、がたつきのないように設置してください。

スチール脚デスクの組み立て

完成

以上で組み立て完了です!

スチール脚デスクの組み立て

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]