モジュラースリッパラック(RFSR-L2)の組み立て

モジュラースリッパラック
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約30分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFSR-L2

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

スリッパラックの組み立て

手順1

はじめに、右側板(A)、左側板(D)にジョイントシャフト(H)を取り付けます。ジョイントシャフト取り付け部分には予めナットが埋め込まれていますので、はじめは手で回し入れ、その後プラスドライバーで回して締め付けてください。

ジョイントシャフトとカムロックによる連結

スリッパラックの組み立て

手順2

同様にして、天板(F)にもジョイントシャフト(H)を取り付けてください。

スリッパラックの組み立て

手順3

右側板(A)の中程に取り付けたジョイントシャフト(H)に固定棚板(B)の横穴を差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順4

同様に、右側板(A)の端に取り付けたジョイントシャフト(H)に底板(C)の横穴を差し込んでください。底板(C)は溝のある面が表になります

スリッパラックの組み立て

手順5

右側板(A)のジョイントシャフト(H)に固定棚板(B)と底板(C)を隙間なくぴったりと差し込めたら、カムロックをプラスドライバーで回して締め付けてください。

スリッパラックの組み立て

手順6

今度は左側板(D)のジョイントシャフト(H)を固定棚板(B)と底板(C)の横穴に差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順7

隙間なくぴったり差し込めたら固定棚板(B)と底板(C)のカムロックをプラスドライバーで回して固定してください。

スリッパラックの組み立て

手順8

ここで本体の背面になる部分が上になるよう半回転させ、左右側板(A)(D)の溝に沿って6枚の棚板(E)を差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順9

すべての棚板(E)を差し込んだら、今度は底が下になるように本体を2人以上で慎重に起こします。

スリッパラックの組み立て

手順10

立てた本体の上から、左右側板(A)(D)の溝に沿って背板(G)を差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順11

背板(G)は底板(C)の溝の奥までしっかりと差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順12

次に、天板(F)のジョイントシャフト(H)を右側板(A)、左側板(D)の穴に差し込んでください。このとき、天板(F)裏面の溝に背板(G)がきちんとはめ込まれていることをご確認ください。

スリッパラックの組み立て

手順13

右側板(A)、左側板(D)の内側のカムロックをプラスドライバーで締め付けて固定してください。

スリッパラックの組み立て

手順14

背板(G)中程の2箇所の穴に十字穴付き鍋タッピングねじ(I)を取り付けます。プラスドライバーでしっかりと締め付けてください。

スリッパラックの組み立て

手順15

本体背面から、背板(G)と天板(F)・底板(C)の隙間に背板止め(J)を差し込み、木ねじ(K)を使ってしっかりと固定してください。

スリッパラックの組み立て

手順16

本体内側のすべてのカムロックに、カムロックキャップ(L)を差し込んでください。

スリッパラックの組み立て

手順17

右側板(A)、左側板(D)、底板(C)、天板(F)の穴に穴隠しキャップ(M)を取り付けてください。

スリッパラックの組み立て

手順18

これで本体が組み上がりました。設置場所まで移動させたら天板と床が水平になるように底板(C)裏のアジャスターを調整し、がたつきのないように設置してください。

スリッパラックの組み立て

完成

以上で組み立て完了です!

rfsr-l2


無料相談はこちらから