コンパクト電話機台(RFTC-3573W)の組み立て

rftc-3573w
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 所要時間は約15分です。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFTC-3573W RFTC-3573WH RFTC-3573N RFTC-3573DB RFTC-5073W RFTC-5073N RFTC-5073DB

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

コンパクト電話機台の組み立て

手順1

はじめに、天板(A)の裏にある2本の補強の両端に取り付け済みの十字穴付きJねじ(D)4本を、プラスドライバーを使って取り外してください。

コンパクト電話機台の組み立て

手順2_1

次に、天板(A)に脚部(C)を取り付けます。天板(A)の裏面を表にして床に置き、脚部(C)の1つを逆さにした状態で垂直に支えます。

コンパクト電話機台の組み立て

手順2_2

手順1で取り外した4本の十字穴付きJねじ(D)を使い、先ほど取り外した下穴部分に組み付けます。プラスドライバーで回し締め、もう一方の脚部(C)も同様に組み付けてください。

コンパクト電話機台の組み立て

手順2_3

その後、付属のもう2本の十字穴付きJねじ(D)を脚部(C)から天板(A)の下穴に垂直に差し込み、プラスドライバーでしっかりと締め付けます。

コンパクト電話機台の組み立て

手順2_4

天板(A)と脚部(C)が組み付けられたら、2人以上で本体を起こします。

コンパクト電話機台の組み立て

手順3_1

本体を起こした状態で両脚部(C)の間に棚板(B)を取り付けます。下穴のある面を下にして棚板(B)を脚部(C)の横から差し込み、中央のパイプの上に載せてください。

コンパクト電話機台の組み立て

手順3_2

脚部(C)中央のパイプの上に棚板(B)を載せた状態で、その下から十字穴付きJねじ(D)をプラスドライバーで回してしっかり締め付け固定してください。

コンパクト電話機台の組み立て

手順3_3

両脚部(C)の間に棚板(B)が固定できたら、設置場所の床と天板(A)が水平になるように底のアジャスターを調整してください。

コンパクト電話機台の組み立て

完成

以上で組み立て完了です。

コンパクト電話機台の組み立て


無料相談はこちらから