カフェ風オフィス
カフェ風オフィス

オフィス家具メーカー、アール・エフ・ヤマカワがご提案するカフェ風オフィス。限られたスペース・予算の中で人材確保や生産性向上を目指すなら、オフィスに「カフェ風」を取り入れてみませんか?

1. カフェ風オフィスとは? 2. カフェ風オフィスのメリット 3. カフェ風オフィスのポイント 4.カフェスタイルを取り入れたレイアウト例 5. カフェ風オフィス向け商品

1. カフェ風オフィスとは?

カフェ風オフィスの4つの要素
カフェ風オフィスの4つの要素

リラックス効果による集中力の向上や人々が自然と集まるオアシスのような空間を目指すため、カフェという場を織りなす要素を取り入れたオフィス。
それがRFYの考える「カフェ風オフィス」です。


2. カフェ風オフィスのメリット

「カフェ風オフィス」により企業が抱える3つの課題の解決を図ります。

① 人材確保

人材確保

② 離職率の低下

離職率の低下

③ 生産性の向上

生産性の向上

企業にとって、従業員の働く環境の改善は不可欠。目指したいオフィス像(全体あるいは休憩室など一部のエリア)に以下のキーワードがひとつでも当てはまれば、「カフェ風オフィス」が適しているかもしれません。

  • 風通しのよい社風
  • ON/OFFのメリハリ
  • クリエイティブ
  • アイデア重視
  • 発信力
  • 自主性
  • 主体性
  • 柔軟性
  • 女性にやさしい
  • おしゃれ

アール・エフ・ヤマカワのオフィス家具で
カフェ風オフィスをつくってみませんか?


3. カフェ風オフィス導入時の4つのポイント

① オープンスペース
〜 開放感により心に余裕が生まれる 〜

部屋をパーテーションや家具で仕切っている場合は、その境界を取り除いてオープンスペースにしてみましょう。ただし、会議室や応接室がない場合にはプライバシーを確保できる専用ブースも必要です。

オープンスペース

② 素材感
〜 素材の質感・風合いを活かす 〜

カフェ特有の和み感を演出するなら素材の質感・風合いを活かしたインテリアや、木と鉄など異素材を組み合わせた家具でのコーディネートがオフィスやSOHOの仕事場にも導入しやすくおすすめです。

素材感

③ リラックス
〜 緊張を和らげ集中力を高める 〜

一人で何かを考えたり、作業に没頭したり、また会議での積極的な発言を促すにはリラックスできる空間づくりが大切です。ゆったりとくつろげる家具の利用はもちろんのこと、緊張感を和らげやすい対人距離を意識し、配置にも十分配慮する必要があります。

リラックス空間

④ グリーン
〜 ストレス緩和や癒し効果も 〜

居心地のよいカフェには欠かせない「植物」。大きめの鉢植えや壁一面を覆うウォールグリーンを導入する例も増えています。手入れや日当たり、衛生面で懸念がある場合はフェイクグリーン(人工観葉植物)や植物モチーフのアート等もおすすめです。グリーンの効果について詳細はこちら

グリーンを置く

\どんな小さなことでもご相談ください!/

カフェ風オフィスについてのお問合せはこちら

お電話でもご相談ください

4. カフェ風オフィスのレイアウト例

“カフェ風”におすすめの4つのテイスト

世代問わず多くの人に受け入れられやすい4つのテイストに沿ってレイアウト例と使用商品をご紹介します。

クリエイティブな発想重視なら

レトロモダン

どこか懐かしさを感じさせるレトロな要素と近未来的・モダンな要素の共存によって生まれる、独特な風情のあるレトロモダンスタイル。西洋風ならミッドセンチュリー等のビンテージ、和風なら大正・昭和時代の趣きのある家具や小物を部分的に取り入れることで、ノスタルジックな雰囲気の居心地の良い空間になります。

レイアウト例を見る

リクルーターを惹きつけたいなら

北欧スタイル

自然素材を活かしたシンプルで機能的なデザインが特徴のスカンジナビア周辺地域発祥の北欧スタイル。長い厳寒期を快適に暮らすための工夫から、室内でも自然を感じられるよう光やグリーンを効果的に採り入れ、ナチュラルウッドやホワイトの家具を中心に鮮やかなアクセントカラーを組み合わせるのが一般的です。

レイアウト例を見る

社員のモチベーションUPなら

インダストリアル

工場跡や倉庫跡地等の飾り気のない空間をあえて再現した、無骨な印象がクールとされるインダストリアルスタイル。全体的にトーンを抑え、ウッドや鉄、レザーやファブリックなど素材感があり且つ古めかしさを感じさせるようなテイストの家具や小物をコーディネートすることでまとまりのある、落ち着いた空間になります。

レイアウト例を見る

コミュニケーションの向上なら

シンプル

装飾性よりも機能と外観のバランスなど合理性を重視した家具で構成する、飽きのこないシンプルスタイル。北欧風にも通ずるすっきりとしたベーシックなコーディネートには、アクセントカラーを取り入れ遊び心をプラスしたり、配置を工夫することで個性的な印象の空間にもなるなど、応用を効かせやすいのが特徴です。

レイアウト例を見る


①レトロモダンなカフェ風ワークスペース

  • ノスタルジックな雰囲気で落ち着きがある居心地の良い空間
  • ミッドセンチュリー系の家具や小物を取り入れインテリア性を高める

執務スペースレイアウトイメージ

集中力を必要とするデスクワーク主体なら、作業に没頭しやすい落ち着きのあるカフェスタイルのオフィス。チームでの連帯や共同作業の多い職種には、お互いの進行状況を確認しやすい島型レイアウトが適しています。木目の際立つ天板とブラックスチールのT字脚テーブルを中心にデスクチェアやライト等の小物もブラックで統一し、レトロモダンな風情のある空間でリラックス効果を促します。

島型レイアウトと通路幅

島型レイアウトと通路幅
島型レイアウトと通路幅
Point オープンスペース- ①

ポイント1-1:オープンスペース

デスクの島は壁付けで通路を最小限に押さえ、限られた面積により多くの席数を確保する。

おすすめのデスク・テーブルはこちら

Point オープンスペース- ②

ポイント1-2:オープンスペース

共有機材は1箇所にまとめて省スペース。人の往来も把握しやすい。

共有機材設置にはハイデスクもおすすめ

Point リラックス空間

ポイント2:リラックス空間

外の風景など気分転換につながる要素を活かし、リフレッシュできるエリアを構築する。

カウンターテーブルはこちら

使用アイテム

画像をクリックすると所属カテゴリページが開きます。

T字脚テーブル
T字脚のメリット
パレットチェアローバックハイチェアナチュラルBARSTOOL PLUS ハイチェアブックスタンド

② 北欧スタイルのカフェ風ワークスペース

  • 自然素材を活かしたシンプルで機能的なデザイン家具を使用
  • 光やグリーンを効果的に取り入れ、明るく健康的な印象の空間

rfimt_scene

営業職など外出が多い職場には、スペースを効率的に利用できるフリーアドレス式がおすすめです。明るいナチュラルウッドの異形天板テーブルを中心とした北欧カフェ風のワークスペースは、動きのあるレイアウトでオフィスにありがちな堅苦しさを和らげ、外回りの多いスタッフにとっても癒しの空間に。「く」の字天板は内側に並んで座ることで互いのPC画面を見やすく2人での共同作業にも適しています。

くの字型テーブルのレイアウト
くの字天板では座る位置によって隣との距離感が変化します。
各自が業務内容によって自由に席を選べるフリーアドレスのオフィスには特におすすめです。

くの字型テーブルのレイアウト
くの字型テーブルのレイアウト
Point 素材感

ポイント1:素材感

温かみのあるナチュラルウッドにホワイトで明るく健康的な空間に。

おすすめのデスク・テーブルはこちら

Point グリーン

ポイント2:グリーン

観葉植物やグリーンモチーフのウォールアートをプラスしてオーガニックな雰囲気を演出。

インテリアグリーンはこちら

使用アイテム

画像をクリックすると所属カテゴリページが開きます。

rfimt-2494na
異形天板を選ぶ理由
t500fu-557bt500fu-556bshwls-ldwhz-shwks-42wgyインテリアグリーン

③ インダストリアルスタイルのカフェ風執務空間

  • カジュアルでありながらも大人っぽく落ち着いた雰囲気の空間
  • 全体的に色のトーンを抑え、素材感のある家具や小物を取り入れる

yupita-dark_scene

電話応対の多い事務職や大型モニターでの作業が中心となるクリエイターなど、専用デスクが必須の職種には固定席型のカフェ風ワークスペース。家具のウッドや床のコンクリートの素材感をブラックで引き締め、カジュアルながらも大人っぽく落ち着いた雰囲気のインダストリアルスタイルに。オフィスにありがちな規律に縛られた固いイメージを払拭し、リラックスして集中できる執務空間をつくります。

上長席と距離を置く島型レイアウト

上長席は、島の一部に組み込まず通路を挟み、少し距離を置くことで
社員の緊張やストレスを緩和し、集中しやすい環境をつくります。
上長席と距離を置く島型レイアウト
上長席と距離を置く島型レイアウト
Point 素材感

ポイント1 素材感

ダークやブラックでトーンを抑えながえらも木目のはっきりした家具で素材感を際立たせる。

おすすめのデスク・テーブルはこちら

Point オープンスペース

ポイント2 オープンスペース

執務エリアとリラックスエリアは仕切らず自由な雰囲気を演出。

デスク関連アイテムはこちら

使用アイテム

画像をクリックすると所属カテゴリページが開きます。

rfwb-1260dbd
ユピタシリーズデスク
rfwd-dr-1000dbfhtn302rf004gzssf-l1pbkgzssf-l2pbkrfwd-dr-1000db


④シンプルなカフェ風オフィス

  • すっきりとして清潔感があり、流行に左右されない万人受けする空間
  • フレキシブルに使える機能的でシンプルな家具を用い、色や配置でアレンジする

フリースペースレイアウトイメージ

フリーアドレスを導入しているオフィスなら、開放感のあるカジュアルなオープンカフェ風ワークスペース。ホワイトとナチュラルを基調としたシンプルスタイルに色鮮やかなチェアを散りばめ、さらにグリーンを置くことで生き生きとした自由な雰囲気を演出します。平日の大半を過ごすオフィスだからこそ、気持ちよく仕事のできる空間にしたいものです。

台形テーブルのレイアウト
台形天板は組み合わせ次第でレイアウトの可能性が広がります。ミーティングやディスカッションで輪になって座る場合にも使用台数や人数、面積に応じて様々に展開できます。

台形テーブル2台のレイアウト
台形テーブル4台のレイアウト
台形テーブル6台のレイアウト
Point オープンスペース

オープンスペース

広さを活かしたレイアウトにグリーンもプラスし伸び伸びとした雰囲気を演出。

インテリアグリーンはこちら

Point リラックス空間

リラックス空間

多角形テーブルを活用し、距離感に変化をつけリラックスしやすいレイアウトを工夫する。

組み合わせレイアウト向けテーブルはこちら

使用アイテム

画像をクリックすると所属カテゴリページが開きます。

rfspt-1470dwh
ラディーシリーズとは
rfspt-1240narfc-fporrfc-fpgnz-shsc-1bz-shsc-1yerfst2-jifbeshwa-001nwインテリアグリーン

グリーンで、オフィスが変わる

オフィスなどの仕事場や教室、休憩スペース等の環境にグリーンを多く取り入れ、緑視率を上げることで様々な効果が期待できます。

リラックス効果

リラックス効果

緑色の多い環境ではα波が増幅されるため心身共に緊張が緩和されて血圧が下がり、気持ちを穏やかにするとされています。

視覚疲労回復効果

視覚疲労回復効果

緑色は波長が短く屈折しやすいため、眼の水晶体の変化が少なく網膜にあまり負担をかけずに知覚でき、眼を休ませる効果があるとされています。

心理的騒音低減効果

心理的騒音低減効果

緑色のもたらすリラックス効果は集中力を高めるため、他人の会話や作業音など周囲の騒音が気になりにくくなるとされています。

ブランドイメージ効果

ブランドイメージ効果

緑色は「調和」「若々しさ」等を連想させるため、空間に取り入れることで調和のとれた前向きな社風へと導く要因となり得ます。

観葉植物を置きたいけど・・・
観葉植物の不安な点

\ フェイクグリーンなら全て解決!/

  •  世話が不要 :水やり、温度管理等のメンテナンスなしでも枯れません!
  •  アレルギー症状の心配がない :土を使用しないため害虫や細菌発生の心配がありません
  •  置く場所を選ばない :陽が当たらない壁際や地下にも設置できます
  •  軽い :土を使用せず軽量なのでレイアウト変更も楽に行えます
インテリアグリーン一覧ページを見る


5. カフェ風オフィス向け商品

カフェ特有の和み感の演出には、木目が強調され素材感が際立つ家具、木、スチール、布など異素材を組み合わせた家具、またプラスαでグリーンや雰囲気づくりに役立つ小物のディスプレイがしやすい家具でのコーディネートがおすすめです。

カフェ風家具を選ぶポイント
カフェ風家具を選ぶポイント

ポイントで導入しやすいカフェ風アイテム

オフィス全体の改造は難しくてもポイントとなるカフェスペースの充実でその効果は期待できます。和みの雰囲気で憩いの場をつくるスタッツィオーネシリーズのカフェステーションカウンターはおすすめです。


テーブル・デスク

スペースの大半を占めるテーブルやデスクは木目がはっきりとした素材感の際立つカラーを選ぶことで一気にカフェ風に。木目天板にスチール脚など異素材の組み合わせデザインもおすすめです。

ユピタデスク
リスムシリーズデスク
スチール脚デスク
異形天板ミーティングテーブル
デザイナーズテーブル
ローテーブル

チェア・スツール・ソファ

空間全体を印象づける差し色は、カラーバリエーションの多いチェアやスツールからイメージにあったアクセントカラーを取り入れるのがおすすめ。落ち着いたイメージの応接スペースならレザー風や渋めのファブリックタイプを選び、クッションやラグで後からアクセントをプラスすることもできます。

スクエアソファシリーズ
プライウッドチェア
ファブリックチェア
ラウンドスツール
ハイチェア
コロザスツール

収納・その他

どんなにおしゃれなワークスペースでもデスクに書類が散乱しているようでは台無しです。用途や収納物に応じて整理整頓しやすい収納を選びましょう。カフェ風オフィスの重要なエレメントでもあるインテリアグリーンも忘れずに。

プランターシェルフ
フラップシェルフ
インテリアグリーン(観葉植物)

オフィスレイアウトでお悩みですか?

「今の仕事場をもう少しかっこよく・・・」 「人が集まるおしゃれなオフィスに・・・」
オフィスのお悩みは私たちが承ります。まずはお気軽にご相談ください。

オフィスプランニング無料相談
カフェ風オフィス資料請求