プリーマⅡ 木製シェルフ ロー ホワイト共通扉付き グレーバック SHWLS2-LDWH
プリーマⅡ 木製シェルフ ロー ホワイト共通扉付き グレーバック SHWLS2-LDWH

組み立て済みのプリーマⅡローシェルフに共通扉を付ける工程を写真で解説します。ローシェルフ本体の組み立てはコチラのページをご覧ください。

POINT

  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 所要時間は約20分です。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

組み立て手順

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

シェルフ本体

プリーマⅡ木製シェルフローが組み上がった状態です。この本体に共通扉(ロー用扉)を取り付けていきます。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順1

シェルフ本体に十字穴付きトラスねじ大(G)を使ってL字金具(C)を取り付けます。

シェルフの天板裏の手前側中央に2つの下穴がありますので、L字金具(C)のL字が下向きになるようにして穴の位置を合わせ、十字穴付きトラスねじ大(G)をプラスドライバーで締めて固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順2

次に、2本の取手(F)の両端に取り付けてある十字穴付きトラスねじ小(H)を、プラスドライバーを使って取り外してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順3

右扉板(A)と左扉板(B)それぞれに、取手(F)を取り付けます。

扉の外側では取手(F)を手で押さえておき、扉板の裏側から手順2で取り外しておいた十字穴付きトラスねじ小(H)をプラスドライバーで締め付けて固定します。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順4_1

取手(F)が取り付けられたら、今度は右扉板(A)と左扉板(B)の内側に丁番(D)を取り付けます。

取り付け箇所には、円形の凹みとその両脇に小さな下穴があります。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順4_2

丁番(D)の端を円形の凹みにはめ込んでください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順4_3

その後、十字穴付き皿タッピンねじ(E)を両脇の穴に差し込み、プラスドライバーを使って締め付け、しっかり固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順5_1

すべての丁番(D)を固定できたら、左右扉板(A)(B)をシェルフ本体に取り付けていきます。必ず2人以上で作業を行なってください。

まず1人が左扉板(B)を支え持ち、シェルフの左側板内側の下穴と丁番(D)のプレートの4つの穴のうち外側の2つと位置を合わせます。

もう1人が十字穴付き皿タッピングねじ(E)をプラスドライバーで強く押し込みながら回し入れ、締め付けて固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順5_2

右扉板(A)も同様にして固定してください。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

手順6

左右扉板(A)(B)がシェルフ本体に取り付けられたら、鍵の開閉を確認してください。鍵は2本付属しています。

※簡易施錠のため、貴重品の保管には適しません

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

完成

以上で扉の取り付けは完了です。

プリーマⅡ木製シェルフロー共通扉の取り付け方

扉の調整について

2枚の扉と天板が水平や高さは、扉の内側から丁番のねじをプラスドライバーで調整することで調節可能です。詳しくはコチラのページをご確認ください。

扉丁番の調整


プリーマシリーズのラインナップ

お客様相談室のコンテンツ

家具の組み立て方写真解説
FAQよくあるご質問
素材とインテリア用語の豆知識
カラーチップ請求について
家具のお手入れについて
家具の補修方法について

お客様相談室へのお問い合わせ