シェルフやキャビネットなど収納家具の扉を固定する蝶番の調整方法です。「組み立ててみたけど歪んでいる」「使っているうちに扉が下がってきた」という場合にご確認ください。

収納家具扉の調節

キャビネット扉の調節

本体側のネジを調節する

本体側の蝶番にある3種類4つのネジをプラスドライバーで調節することで扉の位置の調整ができます。

  • A : 左右調節
  • B : 前後調節
  • C : 上下調節
扉の位置の調節

左右調節

扉を右方向に調節したいときは

扉の位置の調節
本体側の蝶番の中央のボルト(A)をプラスドライバーで時計回りにまわすと、、
扉の位置の調節
ボルト(A)が奥へ引っ込み、閉めたときの扉の位置が右方向へ調整されます。これで完了です。
扉の位置の調節
左方向に調節したいときは
扉の位置の調節
同じ中央のボルト(A)を先ほどとは反対に、反時計回りにまわしてください。
扉の位置の調節
ボルト(A)が手前に出てきて、閉めたときの扉の位置が左方向へ調整されます。これで完了です。
扉の位置の調節

前後調節

扉を手前方向に調節したいときは

扉の位置の調節
本体側の蝶番の一番奥のボルト(B)をプラスドライバーで反時計回りにまわしてゆるめます。
扉の位置の調節
ボルト(B)がゆるんだ状態で蝶番を手前にゆっくりスライドさせ、引き出してください。
扉の位置の調節
調節できたら、ボルト(B)を時計回りにまわして締め、固定します。これで完了です。
扉の位置の調節
扉を後ろ(奥)方向に調節したいときは
扉の位置の調節
本体側の一番奥のボルト(B)を反時計回りにまわしてゆるめ、
扉の位置の調節
蝶番を奥にスライドさせてください。
扉の位置の調節
調節できたらボルト(B)を時計回りにまわして締め、固定します。これで完了です。
扉の位置の調節

上下調節

扉を上方向に調節したいときは

扉の位置の調節
本体側の蝶番の上下2箇所のボルト(C)をプラスドライバーで反時計回りにまわしてゆるめます。
扉の位置の調節
2つのボルト(C)がゆるんだ状態で、蝶番を上に押し上げて調節してください。
扉の位置の調節
調節できたら、2つのボルト(C)を時計回りにまわして締め、固定します。これで完了です。
扉の位置の調節
扉を下方向に調節したいときは
扉の位置の調節
本体側の上下2箇所のボルト(C)を反時計回りにまわしてゆるめた状態で、
扉の位置の調節
蝶番を下に押して調節してください。
扉の位置の調節
調節できたら2つのボルト(C)を時計回りにまわして締め、固定します。これで完了です。
扉の位置の調節

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]