ワーキングデスク(GZWD-0860DM)の組み立て

ワーキングデスク
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 作業は2人以上で行なってください。
  • 組み立て時間は約25分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

GZWD-0860DM GZWD-0860WH GZWD-0860NA GZWD-1060DM GZWD-1060WH GZWD-1060NA GZWD-1070DM GZWD-1070WH GZWD-1070NA GZWD-1260DM GZWD-1260WH GZWD-1260NA GZWD-1270DM GZWD-1270WH GZWD-1270NA GZWD-1470DM GZWD-1470WH GZWD-1470NA

準備

組み立てる場所には、パッケージの段ボールを広げて敷くなどして、床や家具に傷がつかないように注意してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順1

はじめに、天板(A)裏面のナットが埋め込まれている部分に4本のジョイントシャフト(E)をプラスドライバーで回し入れてください。

ジョイントシャフトとカムロックによる連結

ワーキングデスクの組み立て

手順2

次に、十字穴付きJねじ大(F)4本からそれぞれダルマナット(I)を取り外してください。

*ダルマナットのついた十字穴付きJねじ大(F)は5本付属していますが1本は予備です。

ワーキングデスクの組み立て

手順3

左脚部(B)、右脚部(C)と幕板(D)を組み付けていきます。

手順2で取り外した4つのダルマナット(I)を幕板(D)の両端の横穴に取り付けます。ダルマナット(I)の十字の溝の長い方が幕板(D)の長辺と平行になるようにして差し込んでください。

ワーキングデスクの組み立て

手順4

ダルマナット(I)が正しく取り付けられたら、まず左脚部(B)を取り付けます。十字穴付きねじ大(F)を左脚部(B)の外側から2箇所、幕板(D)まで差し込み、プラスドライバーで回してしっかりと固定してください。同様にして、右脚部(C)も取り付けてください。

ワーキングデスクの組み立て

手順5

天板(A)裏のパイプの両端に取り付け済みの十字穴付きJねじ大(F)2本を、プラスドライバーを使って取り外してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順6

次に、天板(A)に取り付け済みの4本のジョイントシャフト(E)と、左右脚部を組み付けた幕板(D)の横穴の位置を合わせ、2人以上で慎重に持ち上げて差し込みます。このとき、幕板(D)側のすべてのカムロックの十字の先端がジョイントシャフト(E)側を向いていることを確認してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順7

隙間なく差し込めたら、幕板(D)の4つのカムロックをプラスドライバーで回して締め付け、固定してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順8

天板(A)と左右脚部(B)(C)を固定します。まず、左右脚部に取り付け済みのL字金具に十字穴付きJねじ小(H)を回しいれ、プラスドライバーで締め付けてください。

ワーキングデスクの組み立て

手順9

次に、左右脚部(B)(C)のパイプと天板(A)を、十字穴付きJねじ中(G)を使って固定してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順10

左右脚部(B)(C)のパイプと天板(A)側のパイプを、手順5で取り外しておいた2本の十字穴付きJねじ大(F)で固定してください。

ワーキングデスクの組み立て

手順11

すべてのねじがしっかり締め付けられているのを確認したら、2人以上で持ち上げ、慎重に起こします

ワーキングデスクの組み立て

手順12

天板(A)の穴に配線キャップ(J)を差し込んでください。

ワーキングデスクの組み立て

手順13

設置場所へ移動した後は、天板が床と水平になるように、床面に接地していないアジャスターを回してガタつかないように調整してください。

ワーキングデスクの組み立て

完成

以上で完成です!

ワーキングデスク
家具の組み立て方トップへカラーチップ請求 よくあるお問合せ家具のお手入れ

お客様相談室へのお問い合わせ

お客様相談室へのお問い合わせ

RFYのサービスについて

オフィスプランニング大量注文について