リスム デスク W1000×D450

ノートパソコンの使用に適した奥行き450mmのリスムシリーズデスク。スモールオフィスや在宅ワークにも。

  • 作業は2人以上で行なってください。
  • プラスドライバーをご用意ください。
  • 組み立て時間は約20分です。
  • 商品同梱の組立説明書と併せてご覧ください。

【該当商品】

RFFLD-1045NA-WL RFFLD-1045NA-BL RFFLD-1045WH-WL RFFLD-1045WH-BL RFFLD-1045DM-WL RFFLD-1045DM-BL

組み立て手順

準備

組み立ての際には梱包材を広げて下に敷くなどして、商品および組み立てを行う場所に傷が付かないよう十分にご注意ください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順1_1

はじめに、天板(A)の裏面に配線受け(D)を取り付けます。

配線受け(D)の開口部の向きを内側にするか外側にするか、レイアウトに合わせてお好みでお選びください。開口部を天板の内側にする場合は次の写真のように置き・・・

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順1_2

配線受け(D)の開口部を外側にする場合は次の写真のようにして、天板(A)裏面の切り欠きの手前に置いてください。

今回は開口部を外側に向けて取り付けます。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順1_3

天板(A)と配線受け(D)の下穴の位置を合わせたら、六角穴付きトラスねじ(H)で固定します。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順1_4

付属の六角レンチ(K)を使ってしっかりと締め付け、左右2箇所ずつ固定してください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順2_1

続いて、天板(A)に上貫パイプ(F)を取り付けます。2箇所の貫通穴を天板(A)裏の下穴の位置に合わせてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順2_2

2本の十字穴付きJねじ大(I)をそれぞれの貫通穴に回し入れ、プラスドライバーでしっかり締め付け固定してください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順3_1

次に、天板(A)に左脚部(B)、右脚部(C)を取り付けます。それぞれ下穴の空いている面が内側、アジャスターの付いている面が上にくるようにして取り付け位置を合わせてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順3_2

天板(A)裏の端に脚部の向きを合わせて置いたら、十字穴付きJねじ大(I)2本を使ってプラスドライバーで回し、この時点ではゆるく仮締めしておきます。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順3_3

もう一方の脚部も同様に、十字穴付きJねじ大(I)2本を仮締めしてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順4_1

天板(A)裏に取り付け済みの上貫パイプ(F)と左右脚部(B)(C)を組み付けます。

十字穴付きJねじ小(J)で2箇所、この時点ではゆるめに仮締めしてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順4_2

もう一方も同様に、十字穴付きJねじ小(J)2本をプラスドライバーで回して仮締めしてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順5_1

左右脚部(B)(C)の間に下貫パイプ(G)を取り付けます。下穴の位置を合わせ、1人が下貫パイプ(G)水平に支え持った状態で、もう1人が十字穴付きJねじ小(J)を取り付けます。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順5_2

左右2箇所ずつ、プラスドライバーで回してゆるめに仮締めしてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順6_1

ここで、これまで仮締めしておいた全てのねじを増し締めします。プラスドライバーでしっかりと、ゆるみのないように締め付けてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順6_2

全てのねじが増し締めできているかどうか、今一度ご確認ください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順7

左右脚部(B)(C)のどちらかお好きな側にフック(E)を取り付けます。長円形の穴に先端を片側ずつ差し込んで取り付けてください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順8_1

2人以上でデスク本体を慎重に起こします。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順8_2

設置場所まで移動させたら、脚部底のアジャスターを調整し、天板が床と水平になるように設置してください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順9_1

最後に、天板(A)の左端の長円形の穴にコンセント(L)を取り付けます。

穴の上からプラグの先端とコードを通しておき・・

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順9_2

コンセント(L)を天板(A)の穴にはめ込みます。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順9_3

しっかりと奥まで差し込んでください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順10_1

天板(A)裏面からコンセント(L)のコードにクリップ(M)を通します。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順10_2

長円形のコンセント取付け穴の両脇にはクリップ用の小さな下穴があります。

コードは少したるませた状態でクリップ(M)の穴に十字穴付き皿タッピンねじ(N)を通し・・

リスム デスク W1000×D450の組み立て

手順10_3

天板(A)裏のクリップ用の下穴(どちらか)に十字穴付き皿タッピンねじ(N)を差し込んで、プラスドライバーで締め付け、固定してください。

※ コンセントの断線・故障の恐れがあるため、必ずコードをたるませた状態でクリップを固定してください。

リスム デスク W1000×D450の組み立て

完成

以上で組み立て完了です。

リスム デスク W1000×D450の組み立て
家具の組み立て方ページへ家具のお手入れよくあるお問合せFAQ家具の補修素材とインテリア用語のまめ知識カラーチップ請求
お客様相談室へのお問い合わせ

アール・エフ・ヤマカワのサービスについて

オフィスプランニング・レイアウトについて詳しく見るOEM/ODMについて詳しく見る
大量注文について詳しく見るオリジナルデザイン・製造・販売についてのご案内


無料相談はこちらから