自習室のレイアウト

邪魔の入らない静かな空間で集中できる「自習室」。塾・予備校の自習室や有料自習室、オフィスやコワーキングスペース、シェアオフィスの集中スペースにも応用の効く、自習スペースのレイアウト例と家具の選び方についてご紹介します。

自習室・集中スペースの必要性について自習室のレイアウト例と家具の選び方
学習塾関連その他のエリア自習室についてのお問い合わせ

今なぜ自習室・集中スペースが必要なのか?

自習

「自習室」は、 自宅よりもはかどる学習スペース。学習環境としての快適さを備えた自習室は、気が散る要素が少なく集中でき、また共に学ぶ仲間の気配が励みになって学習効果が高まります。実際に自習室利用が目的で学習塾に通う生徒もいるほど、「自習室」は塾選びの重要なポイントにも挙げられています。
さらには、一人で集中して勉強したい人をターゲットにした時間制の有料自習室やレンタル自習室も注目を集めており、学生はもちろん資格取得を目指す社会人まで利用者は増加の傾向にあります。

また、オフィスにおいても、フリーアドレスが台頭する昨今、作業に応じて使い分けができる集中スペースを設けると生産性の向上につながります。その場合には、自習室の考え方が応用できます。

自習室のレイアウト例と家具選び

「塾に自習室をつくる」「オフィスに集中スペースを設ける」
とは言っても、中小規模の学習塾・企業の場合は、メインとなる教室あるいは執務スペースの確保で精一杯、自習室や集中スペースまで面積的に余裕がない、というのも現実です。そこで今回は、部屋全体を利用する場合、部屋の一部を利用する場合、またコワーキングにも応用できるオープンな場合の3つの例をご紹介します。

\ 自習室の3つのレイアウト例 /

ブース型自習室
長机自習エリア
フリーアドレス型自習スペース
学習塾・自習室レイアウトのご相談

個別ブースで集中しやすい
ブース型自習室

スペースに余裕がある場合には、ブース型デスクを用いた自習室がおすすめ。席ごとにパネルが付くため周囲の視線や人の動きが気になりにくく、没頭しやすい環境を構築できます。

ブース型自習室
ブース型自習室増連式ブースデスク例

ブースデスクのレイアウトは、増連タイプで可能な限り横に連結すると、座席数を多く確保できます。対面設置の場合、PCブースデスクシリーズのような背板の有無を選べるシリーズであれば、コストパフォーマンスはさらに上がります。

レイアウトのポイント

正面とサイドにパネルがついたブース型デスクのレイアウトのポイントは以下のとおりです。

Check! 前後間隔と通路幅

前後間隔と通路幅

個別ブースレイアウトでポイントとなるのは席の前後間隔。入退出や巡回など人の動きが集中力の妨げにならないよう、着席状態でも後ろを通行できる最低限の通路幅:背中合わせなら1800mm以上、背面が壁なら1200mm以上を確保することが重要になります。

Check! 机上の明るさ

照明器具の設置

室内の光源によっては影をつくりやすいパネル付きデスク。机上が暗いと目の負担になるため、状況に応じてデスクライトを使用するなど環境の調整が必要です。適切な照度のデスクライトは集中力向上にも効果があります。

ブースデスク選びのポイント

手軽に個別ブースを導入できるブース型デスクにもバリエーションがあります。選ぶときのポイントは以下のとおりです。

Check! 増連システム

ブースデスクシーン

ブースデスクには、単体で使用可能な「基本」と、その横に連結する「増連」があります。空間やコストの合理性を重視する場合には、増連で可能な限り横並びに設置するのがおすすめ。フレキシブルに配置変更したい場合には基本タイプのみでのレイアウトも可能です。

Check! 背板の有無

ブースデスク背板なし

広い壁面や大きな窓があるスペースには、ブースデスク の「背板なし」タイプを活用した壁寄せ・窓際レイアウトがおすすめ。個別ブースの基本タイプは左右のパネルと幕板付き天板で構成され、増連も可能です。背板がない分、コスト削減になります。

Check! 隣との距離感

個別ブースの距離確保

個別に仕切りがあるとは言え、増連による横並びでは隣との距離は変えられません。隣の人の動作や音がストレスになってしまう場合には、単体で利用できる「基本タイプ」、あるいは「L型デスク」で、左右との間隔を保ちながらレイアウトすると集中しやすくなります。

Check! 充電機能とオプションアクセサリ

充電機能とオプションアクセサリ

PCやタブレット・スマホ等の使用が可能な自習室であれば、配線機能はもとより、手軽に充電できるコンセント付きデスクがおすすめ。また、空席がわかりにくいブース席は共通オプションのブースサインを活用し番号での管理がスムーズです。ブースサインの詳細はこちら

学習塾・自習室レイアウトのご相談

余剰スペースを有効活用
長机自習エリア

専用に部屋を確保するのは難しいけれど自習スペースを設けたい・・・。そのような場合には、部屋の一部をパーテーションで仕切り、コンパクトな長机を配置するシンプルなレイアウト。2通りの例をご紹介します。

Plan A 長机並列レイアウト

長机自習エリアプランA
長机自習エリア長机の例

長机を横に並べて席数の確保を重要視したレイアウト。長机には折りたたみ式もありますが、常設であれば4本脚のラディーシリーズのW1200xD400またはSTシリーズのW1200xD400がコストパフォーマンスに優れています。横並びは生徒同士での教え合いや補講にも便利です。

Plan B 長机整列レイアウト

長机自習エリアプランB
長机自習エリア長机の例

同じ面積でも、席数より利用しやすさや快適性を重視するなら、離着席のストレスが少ない全席通路側の整列レイアウトがおすすめ。スモール研修用デスクの二人掛けを利用すれば手荷物置き場の問題も解決します。

パーソナルスペース

レイアウトと家具選びのポイント

先述の2つのプランのレイアウトのポイントと家具の選び方をご紹介します。

Check! 自立式パーテーションの活用

パーテーションの高さ比較

簡易的な間仕切りなら、1枚単位で自立する独立式パーテーションが便利。必要な箇所に気軽に設置できフレキシブル、高さは3種類あり、用途に応じて選べます。レイアウト変更が多いならキャスタータイプも。

LOW ロー
着座では目線の高さで視界を遮り、立てば周囲が見渡せる。空間を明るく保ちたい場合におすすめ。

STANDARD スタンダード
着座で頭上まで隠れるものの通る人の気配は感じられる高さ。圧迫感なく仕切りたい場合におすすめ。

HIGH ハイ
立った状態でも視界を遮り、着座では周囲が気にならない高さ。エリアをしっかり隔てたい場合におすすめ。

パーテーション一覧を見る

Check! 動作音を軽減する

キャスターチェアで動作音を軽減

隣との間隔が狭い横並びの席では、人の動作や音が気になってしまいがちです。静かな空間では特に際立ってしまう離着席時の椅子を引く音は、キャスター付きチェアで軽減できます。

キャスターチェア一覧を見る

Check! 机上の有効面積

机上面積の比較

A4見開きを置いて文字を書くために、机上スペースは1人分で幅600mm、天板奥行は最低でも400〜450mmは欲しいところ。教材がしまえるラック付きなら机上を広く使え、私物の混同も防げます。

研修用デスクを見る

学習塾・自習室レイアウトのご相談

コワーキングにもおすすめ!
フリーアドレス型自習スペース

学習塾でもオフィスでも、最近では「カフェ風」や「おしゃれ」と言ったキーワードが注目を集め、雰囲気や居心地を重視する傾向にあります。高校生以上を対象にした塾の自習スペースやレンタル自習室であれば、ノートPCやタブレットなどの利用に適したフリーアドレステーブルを中心に複数の席を混在させるカフェスタイルレイアウトがおすすめです。

コワーキング自習室

Area 1
コワーキングエリア1

充電対応のフリーアドレステーブルを用いたワークテーブル席。席数調整のしやすい連結式テーブルが便利。

フリーアドレステーブルを見る

Area 2コワーキングエリア2

壁面を利用し周囲が気になりにくいハイカウンター席。教え合いや共同作業にも適しています。

ハイテーブルを見る

Area 3コワーキングエリア3

くつろいでリラックスできるソファー席。1本脚テーブルを複数並べるカフェ風レイアウトがおすすめ。リフレッシュにも。

リフレッシュテーブルを見る

学習塾・自習室レイアウトのご相談

学習塾のその他のエリア

自習室のほかにも、教室や受付・エントランス、リフレッシュスペースのレイアウトや家具選びについてご紹介しています。

教室のレイアウト 受付エントランス
リフレッシュスペース
学習塾のレイアウトについて

【学習塾レイアウト】
教室、自習室、受付・エントランスなどエリア別の家具選びとレイアウト。詳しくはコチラから。

ウィズコロナ感染対策

【ウィズコロナ】
オフィスも塾も店舗も。最低限やっておきたい感染対策はコチラから。

リフレッシュスペース

【リフレッシュスペース】
仕事でも勉強でも適度な休息で集中力UP。リラックスできる空間のご提案はコチラから。

施設カテゴリ別納入事例

オフィス事例 教育施設事例
宿泊施設事例 医療系施設事例

アール・エフ・ヤマカワのサービスについて

オフィスプランニング・レイアウトについて詳しく見るOEM/ODMについて詳しく見る
大量注文について詳しく見るオリジナルデザイン・製造・販売についてのご案内


無料相談はこちらから