塾づくり
塾づくり

アール・エフ・ヤマカワでは、学習塾、進学塾、予備校等、教育施設のスペースプランニング・レイアウトを承っております。弊社商品を用いたご提案はもちろん、家具メーカーならではの特注家具・造作家具による対応や、内装・間仕切り工事など、トータルでの空間設計を通して、お客様のイメージをカタチにするお手伝いをさせていただきます。受付・エントランスから相談室・自習室・休憩コーナーなど、教室以外のスペースもすべておまかせください!

教育施設の納入事例を見る カタログ・資料請求

指導スタイル別の塾レイアウト例

貴塾の指導スタイルと教室面積、収容人数に合わせた家具選び、レイアウトをご提案します。

個別指導塾

個別指導

マンツーマン、または講師1人に対し2〜3人の少人数制で行う個別指導。1人ひとりの学習速度に合わせて担当講師がフレキシブルに対応する指導スタイルです。日時や回数の制限が少なく、部活動や習い事と両立しやすいので人気があり、生徒を集めやすい傾向にあります。1つの教室内で複数の講師がそれぞれの生徒を指導するため、ブース型デスクやパーテーションを活用して集中できる空間をつくることが重要です。

L&T型ブースデスクレイアウトを見る ブース型3人席デスクレイアウトを見る

集団指導塾

集団指導

1人の講師が一度に大勢の生徒を教える集団(一斉)指導。学校の授業内容に沿った補習的な指導や、上位校合格までのカリキュラムに沿った指導など、ある同レベルの集団に授業を行う指導スタイルです。集団指導は生徒の収容人数を多く確保できる傾向にありますが、教室の形や広さに適した家具を選び、限られたスペース内に効率良くレイアウトすることが重要です。

長机レイアウト例 1人用デスクレイアウト例

個別指導向けレイアウト例 その①

① 1対1〜複数人までフレキシブル、L&T型ブースデスクレイアウト

個別指導塾でよく見られるタイプのレイアウトです。デスクにパーテーションを合わせることで周囲が気になりにくい、より集中しやすい環境をつくることができます。2面を囲うブースデスクなら、講師と生徒がマンツーマンの場合や、講師の両サイドに生徒席を設ける1対2〜複数人の場合まで、授業の形式に応じたフレキシブルなレイアウトが可能です。

L字&T字ブースデスクレイアウト例
L字&T字ブースデスクレイアウト例
L字&T字ブースデスクレイアウト例

講師席と通路幅は?

デスクとデスクの間に講師席を設ける場合、通路も兼ねて幅600mmは確保しましょう。講師席には生徒と目線の高さを合わせて会話ができる昇降機能、機敏に動けるキャスター付きのスツールがおすすめです。

デスクの前後間隔は?

ブースデスクレイアウトの場合、前後間隔は着座状態で後ろを人が通り抜けられるよう900mm以上確保すると入退室や移動がスムーズになります。
デスクの前後間隔

個別指導向けレイアウト例 その②

② 完全1対2向け、ブース型3人席デスクレイアウト

1台のデスクに講師を挟んで生徒が2人並び、パーテーションで3方を囲む、完全1対2での指導向けレイアウトです。講師席もブースの中に取り込むことで、より親身な指導が可能になります。高さ1600㎜のパーテーションでそれぞれのユニットを仕切れば周囲の動きや音が気になりにくく、個別空間のような環境でより勉強に集中できます。

ブース型3人席デスクレイアウト例
ブース型3人席デスクレイアウト例
ブース型3人席デスクレイアウト例パーテーションの高さ

背中合わせのデスク、デスクと壁の間隔は?

ブースデスクレイアウトの場合、前後間隔は着座状態で後ろを人が通り抜けられるよう900mm以上確保すると入退室や移動がスムーズになります。

パーテーションの高さは?

H1200:着席姿勢で目線と同じくらいの高さで、机上の手元を隠しながら周囲ともコミュニケーションがとれる高さです。休憩スペース確保のための間仕切りにも適しています。

H1600:立った時の目線と同じくらいの高さで、着席時には周囲からの視線を遮り、デスクを囲んでも圧迫感の少ない高さです。ミーティングブースや個別ブース等に適しています。

H1800:立った時に顔まで隠れる高さで、周囲からの視線を完全に遮ることのできる高さです。オープンスペースを仕切って個室のような空間がつくれるため応接室やカウンセリングルーム等に適しています。

個別指導レイアウト向け関連商品カテゴリ

学習デスク 個別ブース メラミンローパーテーション ノルムデスクシリーズ パレットチェアシリーズ ループ脚チェア

集団指導向けレイアウト例 その①

① コストパフォーマンス重視なら長机レイアウト

1台で3人が並んで座れる幅1800㎜のフォールディングテーブルや折りたたみテーブルを活用することで席数に対し費用を最小限に抑えることができます。教室の横幅が足りない場合には、幅1200㎜の2人用を組み合わせることで効率の良いレイアウトが可能になります。教材が多い場合は、天板面積が広く、ゆったり使える奥行き600㎜タイプがおすすめです。

長机レイアウト例
長机レイアウト例

通路幅はどのくらい必要?

通路幅は通常の歩行ができるよう最小600㎜は確保しましょう。

通路幅について
スペースに余裕がある場合は900㎜以上設けると通常歩行と横歩行ができ、ストレスなくすれ違うことができます。

通路幅について

テーブルの前後間隔は?

テーブル前後の間隔は、着座スペース分で最小600㎜は確保しましょう。900㎜あれば着席している人の後ろを横歩行で通り抜けることもできます。

テーブルの前後間隔について

テーブルの有効内寸とは?

1台のテーブルに複数の席を設ける場合は、脚部間の内寸が重要です。
椅子の選定の際には1脚の外寸(幅)×設置台数が収まるかどうか事前に確認しましょう。

下肢空間有効内寸

集団指導向けレイアウト例 その②

② 空間アレンジのしやすさで選ぶなら、1人用デスクレイアウト

教室の幅や形、授業スタイルに合わせて自由にレイアウトできる1人用デスク。隣席との間隔を調整できるため、スペースに余裕があれば生徒が集中しやすい距離を保ち、狭いスペースであればぴったり並べて配置することで多くの席数を確保できます。また、パーテーションを組み合わせれば個別学習にも利用できる等、フレキシブルに活用できます。

1人用デスクレイアウト
1人用デスクレイアウト

レイアウトのバリエーション

前向きレイアウト 全員が前を向いて座る基本レイアウト。講師の指示が通ります。
V字型レイアウト 前向きレイアウトをベースに、両端の列を前方中央に向けて斜めに配置するV字型レイアウト。講師側に意識を集中させたいときに有効です。
中央舞台型レイアウト 教室の中心に舞台のようなスペースを設けるレイアウト。講師が中央に立って動きやすく、生徒によく目が届きます。また、空間に余裕ができ教室が広く感じられます。
アイランド型(島型)レイアウト 対面式に設置したデスクで複数の島をつくるアイランド型レイアウト。グループ活動に適しています。

手荷物の置き場

荷物の多い学生に欠かせない手荷物置き場。1人用デスクには天板下にラック、サイドにはフックがついているので通路に荷物が散らかるのを防ぎます。

集団指導レイアウト関連商品カテゴリ

フォールディングシリーズ 学習デスク ホワイトボード パレットチェアシリーズ ループ脚チェア ファブリック&プライウッドチェア

教育施設の納入事例を見る カタログ・資料請求

オフィスプランニング、レイアウトを承ります!

オフィスや学習塾、店舗等の新規開設・リニューアルをご検討ですか?
アール・エフ・ヤマカワでは、オフィス家具メーカーならではのオフィスプランニング・オフィスレイアウトをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください!