デスクやキャビネット、ワゴン等に付属しているスライドレールタイプの引出の取り外し、取り付け方法、引出が硬い場合の対処法について写真付きで解説します。

  1. 引出の取り外し
  2. 引出の取り付け
  3. 引出が硬い場合の対処法

1. 引出の取り外し

対象となるのは「スライドレールタイプ」の引出です。写真のように引き出した状態で、サイドのレールの奥に黒いストッパーがついていることをご確認ください。
引出の取り外し
キャビネットの場合、3段目(一番下)は1段目、2段目と仕様が少し異なりますが、方法は同じです。
引出の取り外し

手順1

まず、取り外したい引出を、レール奥のストッパーが見えるところまで引き出してください。*無理に引き出しますとレールが破損しますのでご注意ください。

引出の取り外し

手順2

左側のレールのストッパーの先端を上にあげてください。

引出の取り外し

手順3

右側のレールのストッパーの先端を下にさげてください。

引出の取り外し

手順4

左右のレールのストッパーを手順2、3の状態にしたまま引出を写真のように持ち、水平に引き抜いてください。*商品によっては抜きにくい場合があります。その際は少し力を入れて引き出してください。

引出の取り外し

完成

引出が取り外せました!

引出の取り外し

2. 引出の取り付け

こちらはキャビネット本体から1段目の引出を取り外した状態です。左右の側板の内側にレールが見えます。
引出の取り付け

手順1

引出を取り付ける前に必ず左右のレールについているベアリング金具を手前に引き寄せてください。

引出の取り付け

手順2

引出側についているレールが左右の本体側ベアリング金具の溝にはまるように差し込んでください。

引出の取り付け

手順3

引出をそのまま押し込むと「カチッ」と音がします。

引出の取り付け

完成

これで取り付け完了です!

引出の取り付け

3. 硬くて引出しにくい場合

寒い時期には気温の影響で引出のレール部分に塗布しているグリス(潤滑剤)が固くなって滑りが悪く、引出が取り出しにくい場合があります。(グリスはベアリング金具部分に塗布してあります。)その際の対処法をご紹介します。
引出の調整

手順1

引出を前後に数回動かしてください。

引出の調整
これだけでも、摩擦によってグリスが柔らかくなり、引出の滑りがよくなります。
引出の調整

手順2

それでもまだ硬い場合は、前述の「引出の取り外し」を参照の上、一旦引出を取り外します。

引出の調整
ベアリング金具には図のように上下に凹凸があります。
引出の調整

手順3

この凹凸部分に市販の潤滑スプレー(潤滑剤)を挿して下さい。*液が垂れてレール以外の部分に付着する場合があります。その際は布で拭き取って下さい。

引出の調整

手順4

前述の「引出の取り付け」を参照の上、引出を取り付けます。

引出の調整

完成

引出を前後に数回動かし、滑らかに動くようになっていれば完了です!

引出の調整

お客様相談室へのお問い合わせ

家具の組み立てやお手入れ方法、部品の使用方法や追加購入については
フリーダイアル 0120-204-208
お気軽にお問い合わせください。

*受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]